カテゴリー「My Favorite」の10件の記事

2020年1月22日 (水)

和菓子が好き

和菓子が好きだ。

洋菓子も好きだけど、ちょっとおやつにっていうと和菓子かな。

だからと言って、そうそう頻繁に買うわけじゃないけど、

藤見屋さんは、良くいく銀行のすぐ隣だけど、入るのは初めて。
たまたま裏口から和菓子のケースを持って出入りしている店員さんをみて、あぁそういえばここ和菓子屋さんだったっけって思ったら無性に食べたくなった。

ショーケースを見る僕の目線を追って、ひとつひとつお菓子の説明をする店のおばちゃん。
2個だけ買うつもりだったのに、声こそ出さないが「他には・・・?」という無言の圧力に、ういろうも買ってしまった。
きっと、仕事着で入った僕を見て、お使い物としてある程度の数を買ってくと思ったんだろうな。

202001221

栗きんとんを漉し餡で包んだ栗むし饅頭は滑らかで、もっと留まってほしいのにという期待もむなしく、口に入れたとたんにとろける感じ。

202001222

黒糖と抹茶のういろうは、柔らかいながらもぷるんとした食感はしっかりある。
もちろん、どちらも美味しかった。

* ういろ(黒糖・抹茶)各90円 五万石 藤見屋
  栗むし饅頭 120円
 

☆ 今日のラン
   TIME 01:05:52
   DIST. 11.0km
   5’59”/km
   866kcal

 

2019年10月28日 (月)

辞書が好き

僕は国語辞典が好きだ。
実際、昔からわりと良く引いていた。

ただ、ここ十数年は辞書を引くことはほとんどなかった。
中学生の時から愛用していた辞書が、表紙が外れ全体が広がって使いづらかったのと、わからないことはネットで簡単に調べられるようになったから。

201408012
中学に入ったとき伯母からもらった『三省堂国語辞典 第二版』

だけど、メディアで新明解国語辞典のユニークな語釈が紹介されているのを見たり、三浦しをん氏の『舟を編む』を読んだりしたこともあって、やっぱりちゃんとした(普通の状態のもの、という意味で)辞書を手元に置いておきたくなった。

どうせ買うなら使い慣れた三省堂かなぁとか、語釈が面白そうな新明解国語辞典が良いかも、などと思っていたところに、 ブックオフで新明解国語辞典 第五版が驚くほど安く売っていた(税込み 108円)のを見つけ即買い。
新語・現代語を調べる必要性を感じなければ古い辞書で何ら問題ないし。
それが5年前のこと。 

実際いろいろ引いてみると確かに個性的で面白い。
辞書を引く楽しさを再確認し、使う機会も増えた。

だけど、新明解は時に個性的すぎるので他の国語辞典もあった方が良いかな、と思い明鏡国語辞典と、硬派な印象の岩波国語辞典を買い足したのが半年前。
ラジオを聴いていたら某氏が国語辞典を複数持つことを推奨していたのと、まぁどちらもブックオフで古いものが安く売っていたから、ってことなんだけど。
いくら辞書好きだってマニアじゃあるまいし、新品を数千円だして買う気はないもんね。

201910281

ただ、ここからはマニアに近い気もするが、新明解国語辞典 第五版というのはその独特の語釈・用例を主導していた山田 忠雄 氏が編集途中で亡くなった後に発行されたものだ。
それゆえ、山田氏の意向が強く反映されているとはいえ、そうでない部分もあるだろう。
実際、第五版以降は版を重ねるごとにその個性が薄れつつあるらしいし。
だとすれば、山田氏が編集のすべてにかかわった第四版も見てみたい。

それなら、もともとは同じ辞書の編纂に携わっていたが理念・方針の違いから山田氏と袂を分かつことになったという、見坊 豪紀 氏が主幹を務めた三省堂国語辞典も外せないじゃないか。
そもそも、辞書を引く楽しさを教えてくれた、僕にとっての国語辞典のルーツが三省堂国語辞典なんだし。

そこまでいったら、何故かしら僕の中では辞書と言えば”金田一” って先入観がある金田一先生が「今度の辞書ほど私の理想にぴったりしたものは作れなかった」(序文より)という学研 現代新国語辞典も揃えなきゃ。
って、これは近隣の教育委員会が卒業生に記念品として贈っているらしく、未使用と思われる最新の辞書が安く買えたからだけど。

201910282
箔押しがあるためか、200円(割引クーポンを使って158円)で買えた学研 現代新国語辞典

ってことで、さらに3冊増えた。

さらに新明解類語辞典。
これはいろんな国語辞典を探している中で、こんな辞書があるんだって知ったのだが、ブックレビューやブログを書いているとイメージしている言葉がなかなか思いつかないときに便利かなと。

201910283

そんなこんなで、この状態に。
うーん、これはもしかしたら国語辞典マニアかも。

試しに、それぞれの辞書で【マニア】を調べてみた。

新明解国語辞典 :趣味として何かを集めたり 何かをしてみたり することに熱中している人。
(第四版・第五版)

明鏡国語辞典 :ある一つの趣味に熱中し、それについての詳細な情報や資料をもっている人。

岩波国語辞典 :熱狂者。

学研現代新国語辞典 :趣味として、一つのことにひどく熱中している人。熱狂者。

三省堂国語辞典:熱狂(する人)

この言葉に関しては、新明解独特の思い入れのようなものは無かったな。
僕には明鏡が最もしっくりくる。
岩波は簡潔すぎないか、っていうか【熱狂者】でまた調べる必要性を感じる。ちなみに”【熱狂】血をわきたたせ、狂わんばかりに夢中になること” だって。狂わんばかりに・・・なるほどね。
三国(三省堂国語辞典)はさらに簡潔。ただ久しぶりに三国を手にして思ったのは、若い頃からずっと使っていたせいか手に馴染んで一番引きやすかった。

ちなみに、

新明解類語辞典では、【マニア】ある趣味に熱中している人。
そして、同じ属性として載っていたのは、物好き・好事家・馬鹿・虫・おたく・狂い・魔など。

やっぱり面白いね、類語辞典。ブックオフでも高かったけど買って良かった。 

この歳になって新たに何かを蒐集することになるとは思わなかったが、まぁ安い趣味ということで。

そしてその後、新明解故事ことわざ辞典も買ってしまった。(もちろんブックオフ)

201910284

* 新明解国語辞典 第四版 108円

  明鏡国語辞典 360円

  岩波国語辞典 第五版  198円

  新明解国語辞典 第四版 1,311円

  三省堂国語辞典 第四版 200円

  学研現代新国語辞典 158円

  新明解類語辞典 2,460円

  新明解故事ことわざ辞典 1,300円

  新明解漢和辞典

2013年7月10日 (水)

ラジオドラマが好き

ラジオドラマが好きだ。

まだトレーニングが再開できないので、ブログネタとして”My Favorite”シリーズ。

思い起こせば小学生の頃、勉強するふりをして夜ごと聞いたラジオ。
当時、某民放AMラジオ局で『夜のドラマハウス』という番組があった。
そのころ流行っていたヒット曲のタイトルにちなんだ一話完結の創作ドラマを、時間にして15分くらいだっただろうか放送していて、それを聞くのが楽しみだった。

今年3月で放送中止になった 『Suntory Saturday Waithig Bar AVANTI』 は、いつの頃からかいろんな人がひとつのテーマにちなんだお話しをするようになっていたが、始まった頃はいろんな人が思い思いにいろんな話しをしていた。
そして、その合間に常連のイタクラさんとショウコさんの恋愛がドラマ仕立てで挟み込まれ、それが僕は結構好きだった。

車で落語のCDを聴いていると、ちょっとラジオドラマを聴いているような錯覚に陥ることがある。
僕が落語にはまったのは、そんなラジオドラマ好きの素因があったからかもしれない。

ところで、昨日お隣の安城市中央図書館に行ったら、落語のCDがかなり充実していた(おそらくリブラの倍以上はあると思う)。
おかげで、しばらくは楽しめそうだ。

2013年7月 6日 (土)

落語が好き

落語が好きだ。

数年前にテレビドラマ 『タイガー & ドラゴン』 を観て以来、落語が気になりつつも積極的に聴くことはなかったが、先日 『こっちへお入り』 を読んで以来すっかりはまってしまった。
近くの図書館でとっかえひっかえ借りて来ては、車の中で聴いている。
たまたまシリーズ物が揃っていたこともあるが、お気に入りは柳家 さん喬 師匠。

250706

声のトーンや話すテンポが心地良く、口調も穏かで品があり、そしてどこかチャーミング。
小唄などもすばらしいし、マクラも面白い。
噺としては落語では定番の吉原 花魁(おいらん)物が好きかな。
”三枚起請”や”五人廻し”のような笑いどころ満載のものも良いが、”幾代餅”のような人情物も良い。
とりわけ好きなのは”雪の瀬川”。
吉原通いがたたって勘当された大店(おおだな)の若旦那と花魁 瀬川の人情噺。
70分を超える長い噺で、笑えるところはほとんど無くいわゆるサゲもない、というかまぁハッピィエンドなのだが、時間の長さを感じさせず語りに引き込まれてしまう。
ラスト、雪の中を瀬川がやってくる描写がすばらしく、「昔、昔のお話しでございます。」 とちょっと余韻を残して締められるところはついほろりとしてしまう。

そんなわけで、運転している僕がひとり大笑いしていたり涙ぐんだりしていても気味悪がらないで欲しいのだ。

ところで図書館にあった 『柳家 さん喬 名演集』 1~8まで(7だけは抜けていた)揃っていたのだが、さっきアマゾンで調べたら実は16まであるってことがわかった。
うーん、今回のケガでもらえる保険金つぎ込んで大人買いしちゃう??

2012年5月12日 (土)

スパゲッティが好き

スパゲッティが好きだ。

独身の頃は、レシピ本を見ながらいろいろ作ったものだが、最近はすっかり不精になってしまい、自分で作ることはほとんどなくなった。
そんな中、最近は混ぜるだけのお手軽ソースがたくさん売られていてとても嬉しいのだが、大鍋でお湯を沸かすのがもったいなくて、一人だけのときにスパゲッティを食べることはなかった。
せっかくソースは一人分の小袋に分かれているのに、買って来てもなかなか使う機会が無い。
そこで以前から気になっていた、電子レンジでパスタを茹でることができる調理器を買うことにした。

ネットで探したらアマゾンで売っていたが、同じようなものが100均にもあるというコメントを見て、ダイソーで買ってきた。

電子レンジで簡単パスタ
2405121

2405122   

蓋についている丸い所は1人分と1.5人分のパスタが計れるゲージになっている2405124

ケースのまま湯きりが出来る
2405123

パスタと水と塩を入れてレンジでチン。
調理時間はパスタの茹で時間+5分程度。

アマゾンでは 500円~1,000円くらいするものなのに、100均のもので大丈夫かと不安はあったが、さすがMADE IN JAPAN、まったく問題なく立派なアルデンテに仕上がっていた。
値段の高いものと比べると、細かい部分で劣っているところはあるのかもしれないが、使って気になるところは特に無かった。

バジルのスパゲッティ
2405125

ソースを混ぜただけだが、とても美味しかった。

大鍋の中で踊るパスタを見れないのは残念だし、少々無粋な気もしないでもないが、レンジにかけている間は他のことができるし、大鍋を洗う手間は省けるし、これからは昼に一人のとき、気軽にスパゲッティが食べられるのだ。
 

* 電子レンジで簡単パスタ 株式会社 大創産業 105円  ダイソー
 

☆ 今日のスイム
   DIST. 1.8km 
   (1,500m、100m×3) 

2012年3月 7日 (水)

散策が好き

知らない街を歩くのが好きだ。

お店や建物や、行きかう人たちを眺めながら、迷子にならないように気をつけて歩く。

今日は名古屋で会議があった。
場所は中区栄。
名古屋の地理に詳しくないので、いつもなら名古屋駅から地下鉄で伏見まで行くところだが、地図で確認すると2km弱。
これくらいなら歩いてもいいんじゃない、ってことで地図を片手に目的地まで散策。

なんだ柳橋ってこんなに近いんだ、おぉ納屋橋饅頭で有名な納屋橋って堀川にかかってるんだ。
なんて思いながら、ふと川を眺めると、なかなか風情がある。

2403071

短い区間だが川沿いが歩けるようになっている。
堀川ギャラリーと言うらしい。
せっかくだから、歩いてみる。
と、なんと満開の桜が。

2403072

2403073

“四季さくら” というらしい。
曇り空(花曇りと言うべきか)で肌寒く、春の陽気とはいかなかったが、一足早く春を感じることができた。

もちろん帰りも歩き。
電車で岡崎まで帰ってきて、駅からお迎えを頼もうと嫁の携帯に電話するも繋がらず。
結局、駅から家までの2.5kmも歩くことになってしまった。
 

☆ 今日のウォーキング
   DIST. 5.6km

2011年8月 2日 (火)

手ぬぐいが好き

以前にもブログで書いたが、僕は手ぬぐいが好きだ!

ハンカチ代わりはもちろん、鼻緒が切れた町娘が…という話しはいいか。
なにしろ、使い勝手がとても良い。
人気ドラマ 『マルモのおきて』 の中でも、世良公則さんがいつも頭に巻いていた。
その使い勝手の良さから、手ぬぐいが見直されているようだが、とりわけ今年は売れ行きが良いらしい。

平成23年7月27日 中日新聞朝刊より
2308021

しかし、「節電巻き」って何だ? 無粋な呼び名を付けないで欲しい。
新しい巻き寿司かと思ってしまうではないか。

天邪鬼な僕は流行り物って好きではないのだが、ちょうど新しいのが欲しいと思っていたところだったので、先日セミナーで名古屋に出かけた折に、新聞にも載っていたジェイアール名古屋高島屋の 「かまわぬ名古屋店」 に寄って買ってきた。

2308022

自分用に2本、子供たちと嫁にも1本づつ。(我が家はみんな手ぬぐい好きなのだ)
嫁のは僕と色違いだ。
夫婦円満のコツ・心使いとはこういうことだと思うのだ。
セミナーの後、A支店長とMatsu氏と行った三次会の熟女バーを延長して終電で帰ったこととはまったく関係ない。
嫁から、私の趣味じゃ無いけどね的な無表情で言われた 「ありがとう」 は言葉だけいただいた。

* ひょうたんつなぎ 1,050円
   疋田文 桃 945円
   疋田文 抹茶 945円
   恐竜 945円
   ヨーヨー 1,050円   「かまわぬ名古屋店」  

 

ところで翌日、A支店長に昨晩のお礼の電話を入れたとき、
   「昨日お話ししたこと忘れてないですよね。」
と言われ、思わず
  「パンチラねたのことですよね、もちろん覚えてますよ。」
と言いそうになったが、そんなわけ無い、仕事の事に違いないと思い直した。
しかし、何のことかまったく思い出せず、
  「大丈夫ですよ、覚えてますよ。」
とだけ応えておいた。

◎ 結論 : この年になって少しは処世術が身に付いたようだ

2011年5月28日 (土)

やっぱり手ぬぐいでしょ

手ぬぐいが好きです!

手ぬぐい、そう日本手ぬぐい。

230529
持っている手ぬぐいの一部
ちなみに、右端の絵柄は斧(よき)・琴(こと)・菊(きく)-「良き事聞く」 という洒落

少し前、草刈正雄が案内役を勤める 『美の壺』 でもテーマに取り上げられていました。
(僕は好きな番組でビデオに撮って観てますが、嫁は 「地味で嫌」 だそうです^^;)
もしかすると、手ぬぐいがこれから流行ったりする・・・かも。
ってことは、無いか。

でも僕はずいぶん前から、ハンカチ・バンダナの代わりに使っています。
うちの子供たちもマイ手ぬぐいを何本か持っています。

ねじり鉢巻できるし(祭りの若い衆か?)、敵の攻撃を受けて負傷したときには包帯になるし(戦場か?)、鼻緒が切れて困っている町娘を見つけたら直してあげられるし(っていつの時代やねん)
ま、そんなこんなで結構役立ちます。

今日もプールに行って泳いだあと、お風呂に入ろうとバックをみるとタオルが無い。
でもそこはあわてず、持っていた手ぬぐいで体を洗ったり拭いたりできました。
石鹸を付けた手ぬぐいの肌触りってつるつるして結構気持ち良かったりします。
使い古した色褪せ感も、味だったりしますしね。

ってことで?、久しぶりのプール。ちょうど1ヶ月ぶりのスイムでした。
最初の500mは肩に疲れを感じましたが、その後はいつもの感じで泳げました。

 

☆ 今日のスイム
   DIST. 2.1km
  (500m、プル 50m×10、1,000m、50m×2)  

2010年12月 1日 (水)

緑茶が好き!

緑茶が好きです!

コーヒーを飲まない僕は、喫茶店に入る事がほとんどありません。
まれにお客さんと商談のために入る時は、紅茶かココアを頼みます。
でも、本当は緑茶のが良いんだけどなぁと思っていたりします。
もしも喫茶店のメニューに、『玉露』なんてあったりしたら絶対頼んじゃうと思います。(おいしいお茶っていうと『玉露』しか知らない ^_^;)

だから、お客さんのところで美味しいお茶(まろやかで、甘みがあるもの)を出していただいたりすると、とても嬉しいのです。
だって、おいしいお茶って入れ方も大事ですものね。
熱すぎても、ぬるすぎてもいけないし。

ところで、お茶葉の成分のカテキンは、抗菌・抗酸化作用などあって健康にもとても良いようですが、普通に飲むだけでは効率良く摂取できないんですって。
だからヘルシア緑茶なんていう高濃度カテキンを謳った、でも値段も高い商品が売られてたりするんですよね。
だったらお茶葉を粉にして、葉っぱごと飲んじゃえば良いじゃない、ってことで探したのがこれ、

ポーレックス お茶ミル グリーン
201012011

お茶葉を入れて、ハンドルをクルクル回すと、中にあるセラミックの臼で挽かれて粉になる、という優れものです。
目いっぱい入れると、ティースプーン5杯くらい入り、挽くのに15分ほどかかりますが、TVなど見ながらやれば気になりません^^
挽かれた粉は、抹茶ほどではありませんが、お水やお湯にすぐ溶けますし、まったく口に残りません。(セラミック臼をできるだけきつく締めておくことが重要です)

201012012

これを買ってからは、一人分でも気軽に緑茶が入れれますので、とても重宝しています。
自分だけのために急須にお茶葉入れるのって、手間ですしもったいない気がしますもんね。

今では、仕事や遊びの時にも、挽いた粉をお湯や水に溶かして、マイボトルに入れて出かけています。

そういえば、ヘルシアのコマーシャルで、カテキンは脂肪燃焼効果があるって言ってましたよね。
緑茶を毎日飲むようになって1年以上経つけど、効果は・・・

 

* ポーレックス お茶ミル グリーン 3,150円 Amazon

2010年10月23日 (土)

鍋と酒

鍋が好きです! 日本酒も好きです!!

さてさて、長く続いた猛暑もどこへやら、すっかり涼しく・・・どころか、朝晩は寒さを感じるほどです。
そうなると、やっぱり鍋が恋しくなる。

ってことで、我が家の週末は鍋が多くなります。先週の土曜日も、もちろん今日の晩御飯も鍋です。
別に週末じゃなくてもいいようなものですが、鍋のときはお酒を飲みながらゆっくり食べたいし、僕が晩酌するのは週末だけと決めているからです。

で、昨年からすっかり日本酒党 冷酒派になった僕は、鍋の時もやっぱり冷酒。
寒いのは苦手ですが、この楽しみがあるから冬も乗り越えられる・・・ってのは大げさかな。

それにしても、最近の鍋のスープの充実振りは嬉しい限り。
寄せ鍋にちゃんこ、みそに醤油、とんこつ・キムチ・豆乳・カレーにトマトまで、本当にバラエティに富んでいますよね。

ちなみに今日はちゃんこ鍋。
やはり日本酒にはこれが一番合うかな(嬉)

 

☆ 今日のランニング
   TIME 00:55:26
   DIST. 10.2km
   5’25”/km