« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月30日 (木)

赤鼻のアッガイ

昨日、夕方歩いていたら月が綺麗だったのでスマホのカメラで。

20200130

画質は良くないが、空の色が良い感じに撮れた。
 

ところで、昨日コメントを入れてくれたフクタロウさんへの返事に画像を入れれなかったので、ここに。

Photo_20200130235601
機動戦士ガンダム コンプリートガイドより

鼻が赤くないというのは、このことですな(笑)
 

夜になって冷えてきたので、無理せずゆっくりジョギング。
キロ7分オーバーペースで走っていたら、何故だか途中でGPSウォッチが初期設定になってしまったため、タイムなどは不明。
距離はたぶん10kmくらい。

☆ 今日のジョグ
   DIST. 10.0km 

2020年1月28日 (火)

シャアが復活!

ガンダムを観ながら、ローラー台。
ギアは下から5番目、ケイデンス80以上をキープして60分。
前回より100m減った(ガッカリ -.-)

『第26話 復活のシャア』

202001282
水陸両用モビルスーツのゴッグ 
このあたりからジオン軍の新型モビルスーツが続々と登場する

202001281
「子供じみているだろ。そう、わたしのプライドを傷つけたモビルスーツだからな。」

『第27話 女スパイ潜入!』

202001283
「僕はあなたの全部が好きというわけじゃありません。」

202001284
水陸両用の重モビルスーツ ズゴック

個人的にはザクと同じくらい、いやむしろズゴックのが好きかも。

☆ 今日のバイク(3本ローラー)
   TIME 01:00:00
   DIST. 33.6km
   Ave. 33.6km/h
   Max. 37.4km/h

『夢見る帝国図書館』

ブックレビュー ☆4つ

『夢見る帝国図書館』 中島 京子

図書館好きな僕としては、このタイトルを見て読みたくなって、すぐに図書館に予約を入れた。

作家のわたしは、上野公園のベンチで偶然知り合った喜和子さんという初老の女性から、図書館を主人公にした小説を書いてほしいと懇願されるところから物語が始まる。
図書館とは、明治に出来た日本で最初の帝国図書館のこと。

端切れをはぎ合わせて作ったコートと、頭陀袋めいたスカートという奇妙な装いで、くったくのないチャーミングな笑顔の喜和子さん。
馬鹿げているが、喜和子さんは図書館の妖精なんじゃないかという気がしていた。

主人公のわたしが書いたという設定なのだろう、作中ところどころで挿入される『夢見る帝国図書館』というタイトルの小説は、洋行帰りの福沢諭吉が日本にも図書館の必要性を唱えるところから始まる。
単なる図書館の歴史というより図書館の自伝のような、図書館を訪れた文士たちとの交友録のような物語。

そして、少しずつ明かされていく、喜和子さんの出生から戦後の生活、そして現在に至るまでの人生。

帝国図書館と幼い喜和子さんが出会うところで話しは終わる。

装丁が良い。
図書館に半分住んでいたようなものだと打ち明けた喜和子さんの言葉をイメージしたのか、書棚に並ぶ蔵書の一冊の背表紙が喜和子さんが住んでいた狭い路地の突き当りの古い木造家屋の玄関につながっている。

日々は「忙しい」という、感じの悪い呪文を唱えれば瞬く間に慌ただしく過ぎて行ってしまう。

Photo_20200229124801
『夢見る帝国図書館』 中島 京子  著 文藝春秋

2020年1月26日 (日)

残念、小原さん

東京オリンピックのマラソン代表の残り1枠を争うレースのひとつ、大阪国際女子マラソンは松田瑞生さんが設定タイムを切って優勝した。
前回のオリンピック選考のときから僕が応援していた小原怜さんはMGC3位だったから、大阪・名古屋の結果を待つという選択もあったけど自力でつかみにいって、今日は残念ながら負けてしまった。
名古屋でもう一度チャレンジするっていうのもなくはないけど、難しいよな。

☆ 今日のラン
   TIME 01:03:33
   DIST. 11.1km
   5’43”/km
   866kcal

2020年1月25日 (土)

『祝祭と予感』

ブックレビュー ☆4つ

『祝祭と予感』 恩田 陸

『蜜蜂と遠雷』のスピンオフ短編集。

前作の、文章から湧き上がる音の世界感や圧倒的な筆致と分量からすると物足りなさを感じるが、”続編” ではないのでこれくらいさらっとした話でちょうど良いのかな。

登場人物たちの素の部分が伺い知れる、良い意味で力の抜けた作品集だと思う。

短編のタイトルと、概要・主な登場人物は以下の通り。

「祝祭と掃苔」 コンクールの後日談(風間塵、栄伝亜夜、マサル・カルロス)

「獅子と芍薬」 コンクール審査員2人の出会い(ナサニエル・シルヴァーバーグ、嵯峨三枝子)

「袈裟と鞦韆」 コンクール課題曲の裏話(作曲家:菱沼忠明)

「竪琴と葦笛」 子弟の出会い(マサル、ナサニエル)

「鈴蘭と階段」 コンクール後日談(浜崎奏、亜夜、塵)

「伝説と予感」 子弟の出会い(風間塵、ユージ・ホフマン)

二人の審査員がまだコンテスタントだったころの「獅子と芍薬」は亜夜やマサルや塵の現在の様子と重ね合わせてみたり、「伝説と予感」は謎が多い風間塵の一旦が垣間見れたりして、面白かった。

Photo_20200125115601
『祝祭と予感』 恩田 陸 著 幻冬舎
 

プルの練習が覚えてないくらい久しぶりだったせいだと思うが、 先週のスイム後は3日目まで肩が筋肉痛だった。
何とか週1で泳いでいきたいと、今日はプールへ。
キックは1分30秒サークルで10本、ちょっときつい程度でこなせた。
先週3本しか続かなかったキック1分10秒サークルは7本。その後、1分20秒サークルで5本。

☆ 今日のスイム(ロイヤルスポーツクラブ)
   DIST. 2.4km
   (400m、キック 50m×10、ドルフィンキック 50m×2、プル 50m×12、2ビート左ブレス 100m×2、400m、200m)

2020年1月22日 (水)

和菓子が好き

和菓子が好きだ。

洋菓子も好きだけど、ちょっとおやつにっていうと和菓子かな。

だからと言って、そうそう頻繁に買うわけじゃないけど、

藤見屋さんは、良くいく銀行のすぐ隣だけど、入るのは初めて。
たまたま裏口から和菓子のケースを持って出入りしている店員さんをみて、あぁそういえばここ和菓子屋さんだったっけって思ったら無性に食べたくなった。

ショーケースを見る僕の目線を追って、ひとつひとつお菓子の説明をする店のおばちゃん。
2個だけ買うつもりだったのに、声こそ出さないが「他には・・・?」という無言の圧力に、ういろうも買ってしまった。
きっと、仕事着で入った僕を見て、お使い物としてある程度の数を買ってくと思ったんだろうな。

202001221

栗きんとんを漉し餡で包んだ栗むし饅頭は滑らかで、もっと留まってほしいのにという期待もむなしく、口に入れたとたんにとろける感じ。

202001222

黒糖と抹茶のういろうは、柔らかいながらもぷるんとした食感はしっかりある。
もちろん、どちらも美味しかった。

* ういろ(黒糖・抹茶)各90円 五万石 藤見屋
  栗むし饅頭 120円
 

☆ 今日のラン
   TIME 01:05:52
   DIST. 11.0km
   5’59”/km
   866kcal

 

2020年1月21日 (火)

マチルダ 死す

ガンダムを観ながら、ローラー台。
ギアは下から5番目、ケイデンス80以上をキープして60分。
前回より700m増えた。

『第24話 迫撃! トリプル・ドム』

202001211

アムロの出撃を見送るマチルダ中尉

202001212

トリプル・ドムのジェットストリーム・アタックを受けるガンダムとマチルダのミデア
 

『第25話 オデッサの激戦』

202001213

Gファイターから払い落とされるガンダム

202001214

レビル将軍と会見するホワイトベースの乗員たち

☆ 今日のバイク(3本ローラー)
   TIME 01:00:00
   DIST. 33.7km
   Ave. 33.7km/h
   Max. 37.7km/h

2020年1月19日 (日)

『ツナグ 想い人の心得』

ブックレビュー ☆3つ

『ツナグ 想い人の心得』 辻村 深月

『ツナグ』の続編。

亡くなった人に会いたいと願う人の依頼を受け、死者と交渉し面会の場を設定する使者(ツナグ)の役目を祖母から引き継いだ歩美。

「使者が設ける面会は、死んだ者と生きた者、どちらにとっても一度きりの機会。一人の死者にたいして、会うことができる人間はただ一人だけ」

設定は前作と同じだが、面会の物語は前作のが心を動かされた。
ただ、今作は使者としての役割に加えて、歩美の私生活の部分が多く描かれている。
一生懸命仕事に打ち込むし、女性を好きになることもある。
歩美だって一人の若い男性なのだ。
その成長する姿を見るのは、微笑ましい。

Photo_20200119201201 
『ツナグ 想い人の心得』 辻村 深月 著 新潮社
 

自転車に乗って、岡崎市民駅伝に出る甥っ子の応援に行った。
高校3年生、年に2回くらいしか会わないし、ずいぶん背が伸びてたので、危うく見逃すところだった。
通り過ぎる直前に気付いて、あわてて後姿に向けて名前を叫んだ。
反応は無かったが、後で聞いたら、気づいてはもらえたようだった。

☆ 今日のポタリング
   TIME 00:52:27
   DIST. 10.4km
   Ave. 11.9km/h
   Max. 25.0km/h
   83kcal

☆ 今日のラン
   TIME 01:06:03
   DIST. 12.1km
   5’27”/km
   945kcal

2020年1月18日 (土)

牛丼玉玉セット

能町みね子さん推奨の、牛丼(並)+生玉子+半熟玉子セットを食べてみた。

 202001181

二個玉を一気に投下し、丼の表面は玉子まみれ。

202001182

トロトロとドロドロの2種類の触感の濃厚な玉子に包まれた牛肉は得も言われぬ美味しさ・・・ってことは無いんだけど、ささやかな贅沢感とひそやかな優越感は得られたかな。

そういえば、カウンターに席ごとにコンセントとUSB充電ポートが使えるようになっていた。
牛丼屋でそんなに長居することないんだけどね。

202001183

* 牛丼(並)+ 生卵 + 半熟卵 492円+税 吉野家
 

昨年10月以降、スイムは月1ペースだから泳げなくなってるのは当然だけど、本当にすぐ疲れる。

キックは1分30秒サークルでどうにかこなせたが、キックは1分10秒サークルで泳げたのは3本だけ。しかたないので、後半7本は1分20秒サークルで。
トータルでこの距離を泳げたことで良しとすべきか。

☆ 今日のスイム(ロイヤルスポーツクラブ)
   DIST. 2.2km
   (200m、キック 50m×10、ドルフィンキック 50m×2、プル 50m×12、800m)

2020年1月16日 (木)

ナイキ厚底シューズ禁止?

世界陸連がナイキの厚底シューズを禁止する方向で動いているらしい。

20200116

ま、もともとそんなものに頼るつもりは無かった僕には関係ないけど。
っていうか、買う金が無かった・・・だけど(笑)

個人的には妥当な判断だと思う。
他のメーカーだってナイキの一人勝ちを指をくわえて眺めてるわけないし、これを放置したら厚底反発がどんどんエスカレートしていくだろうし。
より良いシューズを作るってことは間違ってないけど、ちょっと方向が違う気がしてたんだよね。

ただ、禁止の根拠が、国際陸連の規則の「競技に使用されるシューズはすべてのランナーが合理的に利用可能でなければならず、不公平なサポートや利点を提供するものであってはいけない」に抵触するからっていうのはどうなんだろう?
たしかに価格は高いけど、いまやスポーツ店にいけば市民ランナーでも手に入るんだし。

以前、義足の短距離選手に「競技力向上を手助けする人工装置」にあたるとして一般の大会への出場を禁じたことがあったけど、その判断を適用するほうが合ってると思うんだけど。
東京オリンピックまであと半年。さて、どうなることか。

☆ 今日のラン
   TIME 01:09:39
   DIST. 11.0km
   6’19”/km
   878kcal

2020年1月14日 (火)

ブライト、リュウ 助けて!

ローラー台、ギアは下から5番目。
ケイデンス80以上をキープして60分まで前回と同じ。
前回より頑張ったつもりだったけど、結果200m増えただけだった。

『第22話 マ・クベ包囲網を破れ!』

202001142

202001141

「こっちの都合も考えてくれって言うんだ」

 

『第23話 マチルダ救出作戦』

202001146

「ブライト、リュウ、助けて」

マチルダ中尉のミデア輸送機が届けてくれたパワーアップメカ、Gファイターに乗るガンダム・・・だけど

202001143

グフのドダイYSのがカッコ良いと思う。

202001144

202001145

☆ 今日のバイク(3本ローラー)
   TIME 01:00:00
   DIST. 33.0km
   Ave. 33.0km/h
   Max. 36.8km/h

2020年1月13日 (月)

1/13のワークアウト

☆ 今日のラン
   TIME 01:10:38
   DIST. 11.0km
   6’25”/km
   890kcal

2020年1月11日 (土)

龍城温泉

少し前に車で市内を走っていて、岡崎城からほど近い比較的古い家が多い一角で煙突から煙が上がっているのに気づいた。

202001111

工場があるような地区じゃないし、もしやと思って後日ランニング途中に通って見たら(車では入りにくい)やはり銭湯だった。
ちゃんと暖簾が出てたので、営業してるようだ。

202001112

岡崎に、銭湯が残ってたなんて全然知らなかった。

そうと知ったら行かないわけにはいかない。
(僕が小学校に上がるまえまでは、我が家にお風呂は無く、銭湯にいっていたので懐かしくて)
で、今日ランニングの後に行ってみた。

202001114

暖簾をくぐり、引き戸をあけると番台におばちゃん。

中に入ると、なにもかも昔のまま変わってない感じ。

202001113

ロッカーのボロさ・汚さも、むしろ良い味をだしてる。

そして、ケロリンの黄色い洗い桶と、大きく刺青の入ったお兄さん。
もう銭湯のイメージそのまんまじゃん。

お風呂自体はそれほど大きくないけれど、洗い場蛇口は10くらいあったし、お客さんは入れ替わり途切れることなく入ってた。

普通の湯船と深めの湯船、そして電気風呂とジャスミンの湯。
壁に富士山の絵こそないけど、昭和の銭湯を満喫できた。

* 龍城温泉 400円

☆ 今日のラン
   TIME 01:12:25
   DIST. 13.5km
   5’21”/km
   1,065kcal

2020年1月10日 (金)

70歳超えても働く

今日の日本経済新聞 電子版を見ていたら、こんな見出しがあった。

「70歳超えても働く」 60代の54% 日経郵送世論調査
■人生100年時代を迎え、就労意識が変わってきた
■定年が近い年代ほど高齢まで働く意向が強い

で、記事を見ると、

「日本経済新聞社が2019年秋に実施した郵送世論調査によると、70歳以上まで働くつもりだと答えた人が60歳代の54%にのぼった。18年秋に実施した前回の調査に比べて9ポイント増えた。「人生100年時代」を迎え、高齢者を中心に就労意識が大きく変わっていることが浮き彫りになった。政府も企業も、高齢者が働き続けることができる制度づくりが迫られている。」

むしろ、高齢者が働かなくても良い制度を作ってほしいんだけど。
っていうか、年金制度ってそういうもんじゃなかったの? 

「定年が現実味を帯びる層ほど、高齢まで働く意向があることも分かった。回答を世代別に分析すると「70歳以上まで働くつもり」は70歳代では45%、60歳代は54%に達した。30~50歳代は3割前後で18~29歳は18%と、若年層ほど低かった。」 

これって、働く意向もなにも、年金だけでは生活できないから稼がなきゃ、ってことでしょ。
定年(年金受給年齢)が近づくにつれて、その事実を身にしみて感じるってことじゃん。

だいたい、高齢者が現役でバリバリ働く社会って、健全な社会か?

って年始早々愚痴ってても仕方ないので、70歳過ぎても働ける身体づくりのために、今日も走ってきたさ。

今日は、キロ7分の鈴木奈々ペース*。
*ランスマで、鈴木奈々が初10キロマラソンで目標としたペースがキロ7分だったのだ。(届かなかったみたいだけど)

しかしなぁ、以前はこんな遅いペースで走ると、逆に身体に不調を感じたのに、今は普通にラクに走れる。
それだけ走力が落ちてるってことなのかなぁ。
こんなんじゃ、70歳過ぎまで働けないぞ。

☆ 今日のジョグ
   TIME 01:15:45
   DIST. 11.0km
   6’53”/km
   894kcal

2020年1月 8日 (水)

この風、この肌さわりこそ戦争よ

ガンダムを観ながらローラー台、ギアは下から5番目。
ケイデンス80以上をキープして60分。

『第20話 死闘! ホワイトベース』

202001081
ギャロップから発進するランバ・ラルのキュイ

202001082
「戦いの中で戦いを忘れた」

『第21話 激闘は憎しみ深く』

202001083_20200114230401

「野生の虎でも檻に入れておけば自分の立場が分かってくる」

202001084

カーゴを止めるガンダムとクラウレ・ハモンのマゼラ・トップに体当たりするリュウのコア・ファイター

☆ 今日のバイク(3本ローラー)
   TIME 01:00:00
   DIST. 32.8km
   Ave. 32.8km/h
   Max. 36.4km/h

2020年1月 5日 (日)

三川ランで20km

仕事始めを前に、摂り過ぎたカロリーを少しでも消費しようと、夕方からランニング。
10km程度と思って走り始めたが、なかなか消費感が得られず、晩御飯までに時間があったし、ジョグペースなら行けそうだったので矢作川・伊賀川・乙川の三川ランで20km。

気温が低かったから大丈夫だったが、いくらゆっくりとは言え給水・給食なしで20kmはちと無謀だったかも。

☆ 今日のラン
   TIME 02:12:49
   DIST. 20.0km
   6’38”/km
   1,646kcal

2020年1月 4日 (土)

ガンダム見ながらローラー台

久しぶりのローラー台、というかロードバイクに乗るのも伊良湖トライアスロン以来だ。

もちろんガンダムの続きを見ながら。
ギアは下から5番目。
ケイデンスやスピードは見ずに、30分。

『第19話 ランバ・ラル特攻!』

202001041
「あなたに物を恵んでもらう理由がありませんので」

202001042
「まさかな、時代が変わったようだな」

☆ 今日のバイク(3本ローラー)
   TIME 00:30:00
   DIST. 16.0km
   Ave. 32.1km/h
   Max. 36.9km/h

2020年1月 3日 (金)

2020 初詣ラン

元日からずっとテレビで駅伝観戦。
といっても途中うつらうつらしながらだけど。
それにしても、最近の駅伝選手の足元はNIKE一強って感じだね。
大会新記録が連発したのは、選手の努力や天候に恵まれたこともあるだろうけど、厚底反発シューズの影響も大きいんだろうな。
ま、僕は買うつもりはないけど(っていうか、2万も3万もする靴、買えないし)。

箱根駅伝を見届けたあとは、天気も良かったので初詣に。
例年のことながら、年末年始で体重が74kg台後半に突入してしまったので、当然ランニング。

走ったコースは昨年と同じく三社参り。
まずは龍城神社を参拝し、昨年のおみくじをお返しして、おみくじをひく。

202001031

今年は・・・大吉! 
初詣ランを始めて7年目になるけど、一年おきに大吉をいただいている。
なんか今年は嫌な予感がしていたので、ホッとして小さくガッツポーズしてしまった。

良い年になりますように。

202001035

次は菅生神社。
龍城神社はけっこう並んでいたけど、ここはすぐにお参りできた。

202001032

そして六所神社を参拝して、

202001033

202001034

帰りの距離を調整してちょうど10km。
良い運動になったし、さて酒でも飲むか。

☆ 今日のラン
   TIME 00:57:01
   DIST. 10.0km
   5’42”/km
   804kcal

2020年1月 2日 (木)

黒松大吟醸

嫁の実家へ年始のご挨拶。

で、食事とともに日本酒をいただいた。

金粉入りの大吟醸。
日本酒度や酸度がラベルに載ってなかったが、これは金粉が入っためでたいお酒だし大吟醸なんだからそんな細かいこと言うのは野暮ってもんですぜ、ってことかな。
お正月に親族が集まったときのための、みんなが飲みやすいお酒だった。

Photo_20200103182801

* 【黒松大吟醸】 純金箔入 中埜酒造 株式会社 愛知県半田市
   720ml

   精米歩合 50%
   アルコール分 15度
   原料米 国産米

2020年1月 1日 (水)

【阿櫻】 もしくは 2019 走り初め

2020 新年 明けましておめでとうございます

初日の出が拝めた良い年明けだったのに・・・すっかり忘れていて、起きたら既に日が出ていた。
日の出ラン日和だったのに、残念。
それでも、夕方には走り初めが出来たから良しとするかな。

ついつい飲み過ぎて体重が増えてしまうので、普段は控えている日本酒だが、年末年始くらいはと久しぶりに買ってきた。

今回はまろやかな味を楽しみたかったので、にごり酒で、出来れば好みの濃醇な辛口がないかと、さんざん迷って決めたのがこれ。

Photo_20200101220901

* 【阿櫻】 純米にごり原酒 / 阿櫻酒造 株式会社 秋田県横手市
   1,200円+税 720ml (酒やビック)

   日本酒度 +4
   酸度 2.2     
   精米歩合 70%
   アルコール分 18度
   原料米 秋田県産米

店頭の説明
「大潟村産ふくひびき70%精米、協会901号酵母仕込み。フルーティな香りと、ミルキー感が楽しめる辛口にごり酒に仕上げた事で、冷酒・冷や・お燗と、どの温度もとても美味しく食事に合わせられます。」

202001011

ところが飲んでみたら、期待したまろやかさは微塵もなく、味も良くわからず、ただただ辛い。
失敗した、と思った。(昨日のこと)

でも家族で他に飲む人も無く、本当に仕方なく今日飲んだら・・・辛いは辛いのだが、昨日は感じなかったとろみがある。
昨日は、ただ単に攪拌が足らなかったようだ。(しっかり振ったつもりだったんだけど)

202001013

そもそも、にごり酒に辛口を求めたのが間違ってた気もするが、これはこれで美味しかった。

202001012

そういえば、阿櫻といっしょに普段飲み用のバランタインも買ってきた。
まだストックは有ったんだけど、あいかわらずおまけに弱い。

☆ 今日のラン
   TIME 01:11:08
   DIST. 12.1km
   5’52”/km
   967kcal

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »