« 接骨院を受診 | トップページ | フクロウのブックエンド »

2019年10月28日 (月)

辞書が好き

僕は国語辞典が好きだ。
実際、昔からわりと良く引いていた。

ただ、ここ十数年は辞書を引くことはほとんどなかった。
中学生の時から愛用していた辞書が、表紙が外れ全体が広がって使いづらかったのと、わからないことはネットで簡単に調べられるようになったから。

201408012
中学に入ったとき伯母からもらった『三省堂国語辞典 第二版』

だけど、メディアで新明解国語辞典のユニークな語釈が紹介されているのを見たり、三浦しをん氏の『舟を編む』を読んだりしたこともあって、やっぱりちゃんとした(普通の状態のもの、という意味で)辞書を手元に置いておきたくなった。

どうせ買うなら使い慣れた三省堂かなぁとか、語釈が面白そうな新明解国語辞典が良いかも、などと思っていたところに、 ブックオフで新明解国語辞典 第五版が驚くほど安く売っていた(税込み 108円)のを見つけ即買い。
新語・現代語を調べる必要性を感じなければ古い辞書で何ら問題ないし。
それが5年前のこと。 

実際いろいろ引いてみると確かに個性的で面白い。
辞書を引く楽しさを再確認し、使う機会も増えた。

だけど、新明解は時に個性的すぎるので他の国語辞典もあった方が良いかな、と思い明鏡国語辞典と、硬派な印象の岩波国語辞典を買い足したのが半年前。
ラジオを聴いていたら某氏が国語辞典を複数持つことを推奨していたのと、まぁどちらもブックオフで古いものが安く売っていたから、ってことなんだけど。
いくら辞書好きだってマニアじゃあるまいし、新品を数千円だして買う気はないもんね。

201910281

ただ、ここからはマニアに近い気もするが、新明解国語辞典 第五版というのはその独特の語釈・用例を主導していた山田 忠雄 氏が編集途中で亡くなった後に発行されたものだ。
それゆえ、山田氏の意向が強く反映されているとはいえ、そうでない部分もあるだろう。
実際、第五版以降は版を重ねるごとにその個性が薄れつつあるらしいし。
だとすれば、山田氏が編集のすべてにかかわった第四版も見てみたい。

それなら、もともとは同じ辞書の編纂に携わっていたが理念・方針の違いから山田氏と袂を分かつことになったという、見坊 豪紀 氏が主幹を務めた三省堂国語辞典も外せないじゃないか。
そもそも、辞書を引く楽しさを教えてくれた、僕にとっての国語辞典のルーツが三省堂国語辞典なんだし。

そこまでいったら、何故かしら僕の中では辞書と言えば”金田一” って先入観がある金田一先生が「今度の辞書ほど私の理想にぴったりしたものは作れなかった」(序文より)という学研 現代新国語辞典も揃えなきゃ。
って、これは近隣の教育委員会が卒業生に記念品として贈っているらしく、未使用と思われる最新の辞書が安く買えたからだけど。

201910282
箔押しがあるためか、200円(割引クーポンを使って158円)で買えた学研 現代新国語辞典

ってことで、さらに3冊増えた。

さらに新明解類語辞典。
これはいろんな国語辞典を探している中で、こんな辞書があるんだって知ったのだが、ブックレビューやブログを書いているとイメージしている言葉がなかなか思いつかないときに便利かなと。

201910283

そんなこんなで、この状態に。
うーん、これはもしかしたら国語辞典マニアかも。

試しに、それぞれの辞書で【マニア】を調べてみた。

新明解国語辞典 :趣味として何かを集めたり 何かをしてみたり することに熱中している人。
(第四版・第五版)

明鏡国語辞典 :ある一つの趣味に熱中し、それについての詳細な情報や資料をもっている人。

岩波国語辞典 :熱狂者。

学研現代新国語辞典 :趣味として、一つのことにひどく熱中している人。熱狂者。

三省堂国語辞典:熱狂(する人)

この言葉に関しては、新明解独特の思い入れのようなものは無かったな。
僕には明鏡が最もしっくりくる。
岩波は簡潔すぎないか、っていうか【熱狂者】でまた調べる必要性を感じる。ちなみに”【熱狂】血をわきたたせ、狂わんばかりに夢中になること” だって。狂わんばかりに・・・なるほどね。
三国(三省堂国語辞典)はさらに簡潔。ただ久しぶりに三国を手にして思ったのは、若い頃からずっと使っていたせいか手に馴染んで一番引きやすかった。

ちなみに、

新明解類語辞典では、【マニア】ある趣味に熱中している人。
そして、同じ属性として載っていたのは、物好き・好事家・馬鹿・虫・おたく・狂い・魔など。

やっぱり面白いね、類語辞典。ブックオフでも高かったけど買って良かった。 

この歳になって新たに何かを蒐集することになるとは思わなかったが、まぁ安い趣味ということで。

そしてその後、新明解故事ことわざ辞典も買ってしまった。(もちろんブックオフ)

201910284

* 新明解国語辞典 第四版 108円

  明鏡国語辞典 360円

  岩波国語辞典 第五版  198円

  新明解国語辞典 第四版 1,311円

  三省堂国語辞典 第四版 200円

  学研現代新国語辞典 158円

  新明解類語辞典 2,460円

  新明解故事ことわざ辞典 1,300円

  新明解漢和辞典

« 接骨院を受診 | トップページ | フクロウのブックエンド »

Books」カテゴリの記事

My Favorite」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 接骨院を受診 | トップページ | フクロウのブックエンド »