« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

11月30日

神戸マラソンから2週間。

酒と本の日々の結果、
 
3011301_2
 
てきめんに、 
 
3011302_2
 
中性脂肪が高くなった。 
 
酒を我慢するか、運動するか・・・・・週末、走るかな。

2018年11月29日 (木)

11/29のワークアウト

☆ 今日のスイム(イオンスポーツクラブ)
   DIST. 1.5km
   (500m、左ブレス 100m×2、交互ブレス 100m×3、6ビート1回おきブレス 100m×3、200m)

2018年11月26日 (月)

『ボヘミアン ラプソディ』

映画 『ボヘミアン ラプソディ』 を観た。
 
3011261
 
クイーン誕生からライヴ・エイドの公演まで。
凡庸な表現だが、心が震えた。
 
ティーンエイジャーの頃リアルタイムで聴けたはずだし、洋楽は結構聴いていたのに、当時クイーンにまったく興味がなく、僕が好んでクイーンを聴くようになったのは結構な大人になってから。
今さら言ってもしかたないが、それがちょっと残念。
 
3011262
 
良い曲は沢山あるが、フレディが本当に大切なものに気づくシーンにバックで流れるUnder pressure と、ラストのライヴ・エイドでも演奏される Radio Ga Ga が好き。
もう、イントロが流れた瞬間に心躍る。
 
3011263
 
* ボヘミアン ラプソディ  1,100円 ユナイテッド・シネマ岡崎
   パンフレット 720円

2018年11月23日 (金)

11/23のワークアウト

神戸マラソン後、左足先の痺れが再発、右ハムストリングスのツッパリ感は減った。
痺れは、以前感じたような痛みを伴うものではなく、歩く際にビリッとする程度で、それほど心配することは無いかと思っている。
 
マラソン後3日目には筋肉痛は収まったが、夜寒い中を走りたくなかったので、4日ぶりのラン。
 
☆ 今日のジョグ
   TIME 01:16:11
   DIST. 12.4km
   6’08 ”/km
   1,008kcal 

2018年11月18日 (日)

第8回 神戸マラソン

第8回 神戸マラソン

天気はもちろん快晴! 

3011181

しかしながら脚の調子が悪く、1週間前にようやく10キロ走れるまでになったところなので、10キロ以降は、どこまで行けるか出たとこ勝負だった。

3011184
スタートセレモニーの 『2万人で咲かせる”感謝と友情”のひまわり』
これ、やりたかったんだよね。

3011185

15キロあたりからフクラハギが攣りそうになりながらも、22キロまで走れたのは、よくもったほうかな。
が、そこから先は、そこら中の筋肉が攣って走れない。

即効性があるって噂の、芍薬甘草湯を飲んだが、効かなかったな。

30111812
26キロ付近で第2ウェーブでスタートしたラン友さんに追いつかれた。

軽やかに走り去るラン友さんを追いかけようと走りかけたが、3歩で足が攣ってあきらめた。

それからは、いっそ関門にひっかかればそこから先はバスに乗れるのに、って半分本気で考えながらも、まだ時間はあるし沿道の応援は途切れないし、我慢すれば歩けるのにリタイアはないよなと思って歩き続けた。

3011186
35キロあたりで鉄人に抜かれた。よくこんな格好で走れるな。

3011188

42キロ手前で大声で迎えてくれた有森さんに、歩いてたら叱られそうだったので、そこから数百メートルだけ足が攣らないことを祈りながら走ってゴール。

3011189

やっぱりフルマラソンは辛かった。練習不足だから当たり前ちゃ当たり前なんだけど。

神戸の皆さんの応援がなかったら諦めてたな。

私設エイドでコーラを貰ったり、何度もエアーサロンパスを借りたり、本当にありがたかった。

もうフルマラソンは嫌だが、神戸にはまた行きたいと思う。

 

30111810

 

これで次は3月末のハーフまで予定入れてないから、しばらくはオフかな。

30111811

* 第8回 神戸マラソン エントリー費 10,300円

☆ 第8回 神戸マラソン
   TIME 06:18:27
       NET  06:13:02 
   DIST. 42.195km
   8’50”/km
   3,672kcal
   adizero JapanBoost

2018年11月17日 (土)

神戸マラソン EXPO2018

4年ぶりのフルマラソンなのに、絶好調とは程遠い状態。

それでもEXPOに来るとワクワクする。

受付を済ませ・・・
3011171

記念写真を撮りまくり。

3011173

目標を言うのが恥ずかしかった・・・
(そのわりに、笑顔)

3011174

3011175

3011176

まぁ、制限時間(7時間)いっぱいかけて楽しむさ。

EXPOでラン友さんと待ち合わせての晩御飯は、神戸牛とはいかず、初めての”いきなりステーキ”

3011177
 
でも、アメリカン産 サーロイン 300gはボリュームたっぷりで美味しかった。
 
宿泊先は、阪神尼崎駅から徒歩5分ほど。
 
3011178
 
新しくはないが、古臭くもない、値段のわりに良いホテルだった。
ユニットバスに入りたくなかったので、ネットで探して近くの銭湯へ。
 
3011179
びっくりするくらいのレトロ感。
入るとすぐに、奥を向いた番台におばちゃんが座ってた。
でも、薬湯やジェットバス、電気風呂やサウナもありの充実ぶり。
おかげで、ゆったり温まれた。
 
* US産サーロインステーキ 300g+サラダライスセット 2,599円+350円 いきなり!ステーキ 神戸三宮生田ロード店
   ホテルファーストステイ尼崎(朝食ビュッフェ付き) 7,880円 楽天トラベル
   三和温泉 入浴料+石鹸 380円+30円

2018年11月14日 (水)

11/14のワークアウト

☆ 今日のラン
   TIME 00:28:07
   DIST. 5.0km
   5’37”/km
   399kcal 
 
☆ 今日のウォーク
   TIME 00:09:46
   DIST. 1.0km
   9’46”/km
   86kcal 

2018年11月11日 (日)

11/11のワークアウト

ゆっくりジョグペースだが、無事10キロ走りきれた。
 
☆ 今日のジョグ
   TIME 01:07:15
   DIST. 10.0km
   6’43”/km
   812kcal 

2018年11月 9日 (金)

11/9のワークアウト

☆ 今日のラン
   TIME 00:31:32
   DIST. 5.0km
   6’18”/km
   404kcal 

2018年11月 8日 (木)

スマートフォン ホルダー

車のナビが古いためスマホのナビを使うことが稀にあるのだが、スマホを置く場所がなくて使いづらかったので、マグネットタイプのホルダーを買った。

3010301

ホルダー自体は両面テープで貼るタイプ。
ボールジョイントで角度が自在に動くし、強力磁石はスマホにカバーをした状態でもしっかりくっつく。
 
3010302
 
脱着は簡単だし、固定力も問題なさそう。
画面は見やすいし、アマゾンプライムミュージックを聴くのも良いかな。
 
3010303
 
* スマートフォン ホルダー 1,078円 オートバックス岡崎大樹寺店
 
☆ 今日のスイム(安城スポーツセンター)
   DIST. 1.5km
   (500m、2ビート交互ブレス 100m×2、2ビート左ブレス 100m×2、200m×3)

2018年11月 7日 (水)

11/7のワークアウト

今日は3キロ走れた。
その後、クールダウンを兼ねて1キロ早歩き。
キロ10分を切れていたので、このペースで歩き続けたら制限時間7時間以内でゴールできる計算だが、いくら歩きだって40キロも歩けば絶対足が痛くなるから無理だよな。
 
☆ 今日のラン
   TIME 00:18:58
   DIST. 3.0km
   6’19”/km
   247kcal 
 
☆ 今日のウォーク
   TIME 00:11:39
   DIST. 1.2km
   9’42”/km
   102kcal 

2018年11月 5日 (月)

『噛みあわない会話と、ある過去について』

ブックレビュー ☆4つ

『噛みあわない会話と、ある過去について』 辻村 深月

タイトル通り、過去に時間を共有した者同士が交わす噛みあわない会話、を共通テーマに据えた4つの短編集。
意味合いは異なるが、それぞれに怖い。
 

『ナベちゃんのヨメ』
卒業して数年後、大学のサークル仲間のひとりが結婚することになった。

相手の心に寄り添う気持ちの無い思い遣りは、たんなる思い上がりなのかもしれない。
 

『パッとしない子』
番組の企画で母校の小学校を訪れた国民的アイドルと元担任。

偏執すぎる気もするが、自分の記憶・印象で相手を決めつける横暴さに我慢できなかったのだろう。
記憶は案外あてにならないものなのか。自分に都合よく思い違いしているところはあるのかも。
 

『ママ・はは』
母親と娘。

あなたのためという自分の価値観の押し付け。
この話では直接の会話は無いが、会話が噛みあわないというよりも思考が相いれない。
1枚の写真の変化から生じる現実は、すべては語られないが想像するとかなり怖い。
主人公は、ちょっと不思議な話というが、これはもう怪談だ。
 

『早穂とゆかり』
小学校の同級生だった地方誌のライターの取材を受けるカリスマ塾経営者。
『パッとしない子』と似たテイストの話。

「あなた、いつまでも、あの頃の人間関係のままでいるんじゃない?」
放たれた言葉は、研ぎ澄まされた刃のように突き刺さる。
 

心に負った傷は、容易に消えるものではない。
背筋が凍るような、辛辣な言葉の応酬。
ここに収められた4篇は、幸せな・成功した姿を見せつける弱者だった側の、穏やかな復讐劇なのだと思う。

「あなたとの思い出なんて、私には何の傷ももう残さない」
 

Photo_3
『噛みあわない会話と、ある過去について』 辻村 深月 著 講談社 

 

☆ 今日のウォーク&ラン
   DIST. 2.0km+1.0km

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »