« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

『パン屋を襲う』

ブックレビュー ☆3つ

『パン屋を襲う』 村上 春樹

『ホワイトラビット』 伊坂 幸太郎・『スケルトン・キー』 道尾 秀介と、3冊続けて犯罪小説。
って、これを犯罪小説って言ってよいものか疑問ではあるけど(笑)

本書は、『パン屋襲撃』 と 『パン屋再襲撃』 にそれぞれ手を加えて、オリジナルと区別するために『パン屋を襲う』 と 『再びパン屋を襲う』に改題し、1冊にまとめたもの。
随所に配される怪奇的なイラストが、物語の奇妙さを高めるのに効果的だった。

『パン屋再襲撃』 は何度も読んでいるが、『パン屋襲撃』は初期に早稲田文学に掲載されていたようで、今回初めて読んだ。

持って回ったような面倒くさい文章、だから村上春樹は嫌いなんだと言うアンチ村上春樹の声が聞こえてきそうな冒頭ではあるが、そんなところ昔から変わってないなぁと改めて思った。

ワグナーの曲名が変っていたり、パンを店で食べるか持ち帰って食べるかが違っていたり、というのは今回2作を並べることでの整合性をとったのかな。

その他にも、比喩や表現がいくつか変わっていたのは良しとして、〈ソニー・ベータ・ハイファイ〉が〈ソニー・ブルーレイ・レコーダー〉なったり、オリジナルには無かったコンビニが出てくるのは時代性かもしれないが、作者の意外な几帳面さを垣間見た気がする。
ま、ベータだろうがブルーレイだろうが、どっちでも良いのにと思うけど、せっかく手を加えたから今の時代の話にしたかったのかな。

それにしても、
「もう一度パン屋を襲うのよ。それも今すぐにね」
って、この不条理な感じ、やっぱり好きだなぁ、と村上春樹ファンの僕は思ったのだ。

Photo_2
『パン屋を襲う』 村上 春樹 著 新潮社

2018年10月30日 (火)

大あん巻

今日のお昼ご飯は、知立弘法庵の大あん巻。

301030

皮に対してあんこが少なくて、あんこ好きな僕の好みじゃなかったな。

約4週間ぶりのスイム。
左ハムストリングスが痛くて、走るのは控えているが泳ぐのは問題なかった。
久しぶりだったので、すぐに息切れしたが、気持ちよく泳げた。

☆ 今日のスイム(イオンスポーツクラブ)
   DIST. 1.3km
   (200m、ストリームライン キック 25m×6、ドルフィンキック潜水 25m×2、交互ブレス 2キック 100m×2、、600m、100m)

2018年10月27日 (土)

『スケルトン・キー』

ブックレビュー ☆4つ

『スケルトン・キー』 道尾 秀介

道尾 秀介さんの小説を読むのは初めて。
どんな傾向・ジャンルの作家なのかも知らず、「面白かったよ」 という感想だけで予約した本だったが、確かに惹き込まれるように読んでしまった。

まずは、面白い比喩をする作家だなぁと。描写・表現も上手でイメージしやすい。

しかし、物語自体は面白いというより、怖い。
繰り返される暴力シーンには食傷気味になった。

サイコパス、自己の利益を第一に考え、そのために他人を傷つけることを厭わない人間。
躊躇しない暴力。
こんな人間が近くにいたら恐ろしいが、過去に報道されてきた犯罪を思い返すと、サイコパスじゃないかと思う人は案外多い。(サイコパス=犯罪者、ってことではないみたいだけど。)

明かされる二つの真実。
そんなのありか? という感じのトリックで少々混乱するが、分かった上で改めて読み返すと、違和感を感じるようなヒントがいくつか織り込まれている。
真相を推理するのは難しいが、間違い探し的な視点で見ると、あれっ?何か変だぞ、と思うところも。

【スケルトンキー】 軸が円筒状で、先端に小さく平坦な矩形の歯が付いている鍵

エンディングに希望を感じるか、虚無感・絶望感を思うか、微妙なところ。
小箱に掛けられた錠を開ける鍵は、見つからなかった方が良かったのかな。


Photo
『スケルトン・キー』 道尾 秀介 著 角川書店

2018年10月25日 (木)

RX100修理完了

修理に出していたRX100が戻ってきた。
安くは無かったが仕方ないか。
でも購入して3年半で故障って、ちょっと早い気がする。
 
301025
 
* フレキ基盤交換 カメラのキタムラ 16,200円
 
☆ 今日のラン
   TIME 00:28:05
   DIST. 5.3km
   5’17”/km
   423kcal 

2018年10月24日 (水)

献血の検査結果

先日行った献血の検査結果が届いた。
 
301024
 
コレステロールが11年前より低いのは薬のおかげとしても、その他の数値も良いようだ。
当時は走ってなかったし、運動といえば月1回泳ぐかどうかってとこだったからな。
 
それにしても11年前、なんでこんなに頻繁に献血してたんだろう。
 
☆ 今日のラン
   TIME 01:04:08
   DIST. 10.2km
   6’17”/km
   817kcal 

2018年10月22日 (月)

10/22のワークアウト

神戸まであと4週間。
いつもやりすぎで失敗するので、今度こそ頑張りすぎずに、少しずつ距離を増やしていけたらと思う。 
 
☆ 今日のラン
   TIME 00:43:07
   DIST. 7.0km
   6’09”/km
   554kcal 

2018年10月20日 (土)

伊古部海外ウォーク

伊古部海外をウォーキング。

3010201
 
まだLSDのランが無理なので、LSDウォークを。
それなら砂浜を歩くほうがトレーニングになるかと思い、伊古部まで。
さすがに3時間も砂浜を歩いたら膝が痛くなった・・・ 
 
3010202
    
☆ 今日のウォーク
   TIME 03:02:07
   DIST. 11.5km
   15’50”/km
   706kcal 

2018年10月19日 (金)

10/19のワークアウト

スタートボタンを押したつもりが押せてなかったようで、約1km走ったあたりから計測。
 
☆ 今日のラン
   TIME 00:41:40
   DIST. 7.2km+1km
   5’47”/km
   583kcal 

2018年10月17日 (水)

献血できた!

11年ぶりの献血。
 

301017

以前はまめに献血していたが、高脂血症の薬を常用するようになってからはダメだと思って行かなかった。
が少し前に、薬によっては献血できるという話を聞いたので行ってきた。
久しぶりの献血ルーム、ちょっと緊張しながら受付で申し出たら、この薬なら大丈夫だと。
時間に余裕があったので、以前と同じ成分献血にしてもらったら、採血で約1時間+待ち時間やらなんやらで合計2時間近くかかってしまった。
そういえば、前に行っていた時は置いてあるDVDを観させてもらってたな。
今はDVDは置いてなかったものの、本を持って行ったので退屈はしなかったが、ちょっと疲れたぞ。
成分献血なので、次は2週間後には出来るって。
ま、そんなに頻繁には行けないが、フリードリンクだし、おやつもあるし、また時間が空いた時には行こうかな。
今日は少しうとうとしただけだが、採血は楽な姿勢だから、疲れてるときなんか熟睡しそうだけど。

2018年10月16日 (火)

10/16のワークアウト

☆ 今日のラン
   TIME 0106:38
   DIST. 11.3km
   5’53”/km
   914kcal 

2018年10月14日 (日)

10/14のワークアウト

☆ 今日のラン
   TIME 0106:57
   DIST. 11.8km
   5’40”/km
   954kcal 

2018年10月12日 (金)

10/12のワークアウト

明かりのない矢作川河川敷は走りたくなかったので、菅生川遊歩道まで。
 
3010121
 
ガラケーで写りが悪いが、遊歩道は誘導灯が有り、橋はライトアップされて良い雰囲気。 
 
3010122
殿橋
 
3010123
明代橋  
 
足の痺れも無く、気持ちよく走れた。
 
☆ 今日のラン
   TIME 00:51:08
   DIST. 8.3km
   6’09”/km
   684kcal 

2018年10月 9日 (火)

RX100故障

パジェロミニが2週間ぶりに修理から戻ってきたと思ったら、今度はデジカメRX100が作動しなくなってしまった。
何度電源を入れ直しても 「電源を入れ直してください」 と表示されて、シャッターが切れない。
何度かやっているうちに、たまたま1枚だけ撮れたが、その後すぐに 「電源を入れ直してください」 と。
 
301009
 
購入店に持っていったら、1ヵ月くらいかかるそうだ。
 
ランニングは今日も安城総合運動公園のランニングコースを5周。 
 
☆ 今日のラン
   TIME 00:28:31
   DIST. 5.3km
   5’22”/km
   410kcal 

2018年10月 8日 (月)

レアチーズ餅 & 栗松風 

まだ足指が心配だったので二日続けてのランは控え、伊良湖トライアスロン大会以来のバイクで、くらがり渓谷へ。
おやつは、いつもの昭和堂ではなく、気分を変えて葵園。

1ヵ月ぶりのバイクで脚腰が疲れたが、休憩のおやつを楽しみに頑張った。

301008

カステラ生地の松風に栗羊羹が乗っている栗松風の味は、期待を裏切らない。
が、レアチーズ餅は、中のレアチーズクリームが柔らかい餅とともに口の中でとろけて、イチゴと思われる酸味と絶妙のハーモニーは想像以上。
これはもう和菓子では無い。

* レアチーズ餅 172円
   栗松風 140円 (葵園 籠田店)

☆ 今日のバイク
   TIME 02:20:36
   DIST. 58.8km
   Ave. 25.1km/h
   Max. 46.0km/h
   1,966kcal

2018年10月 7日 (日)

ランニング再開

神戸マラソンに向けて、走る距離を急に延ばしたのが災いして、左足先に痺れが出てから2週間。
ようやく痺れも違和感も無くなったので、安城総合運動公園ランニングコースを様子を見ながら周回。
途中予兆めいた感じがわずかにあったが、無事予定の5周を走りきれた。
今までは大会から逆算して走る距離を考えていたが、いつもそれで失敗するので、今回は今できることだけを考えるようにするつもり。
 
☆ 今日のラン
   TIME 00:28:21
   DIST. 5.3km
   5’20”/km
   418kcal 

2018年10月 4日 (木)

10/4のワークアウト

301003

昨日の夕焼け。
そのわりに、今日は晴れなかったな。

   ☆ 今日のスイム(安城スポーツセンター)
   DIST. 1.4km
   (200m、300m×3、2ビート交互ブレス 100m、200m)

2018年10月 2日 (火)

『ホワイトラビット』

ブックレビュー ☆4つ

『ホワイトラビット』 伊坂 幸太郎

詐欺・誘拐・窃盗・人質立てこもり、と相変わらず犯罪のオンパレード。

語り部・目線と時間軸が頻繁に変わり、せわしないというか落ち着かない印象で、話の筋を整理するのが大変だが、ときおり入る作者目線のナレーションが誘導してくれる。

途中、籠城する犯人と対峙する警察と同じように、読者も騙されるのだが、分かった時には驚きとともに心地よささえ感じた。

そして、何となくほのぼのとした余韻を残すエンディングも悪くない。
伊坂作品ではお馴染みらしいが、飄々とした雰囲気の黒澤が意外な活躍をするし、結構好きだな、これ。
 

「渡り鳥に、渡る時季を教えたやつだろうな」 本能、と口にするのは大袈裟に感じ、黒澤はそう言い換えた。 P.23

(はい、生まれました。はい、死にました。その間には、いろいろあるんだよ、お父さん。) P.268

Photo
『ホワイトラビット』 伊坂 幸太郎 著 新潮社 

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »