フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Mail

楽天

« 5/29のワークアウト | トップページ | ヘリノックス風アウトドア チェア »

2018年5月29日 (火)

南紀白浜トライアスロン 翌日

今回は大会が終わってから、もう一泊して南紀白浜にゆっくりすることにした。

大会受付を終えてからネットで検索して予約したのは、白良浜が目の前のホテル三楽荘。

3005212

前日が車中泊にラーメン、コンビニおにぎりって、白浜町の経済にまったく貢献できていなかったので、ちょっとだけ贅沢に。

予約は別館だったのだが、先方の都合で本館にランクアップ。
窓から見える白良浜。

3005211

前日の白良湯とは別の外湯に行こうかとも思ったが、ホテルにある2種類の温泉にゆっくり浸かり、豪華な食事とビール・ハイボールで打ち上げ。

翌朝、もう一度白良浜を泳ぎたかったが、いまいちすっきりしない天気と時間も無かったので、ビーチを少し歩いた後、チェックアウトし南紀白浜の地ビールのナギサビールに。

3005213

店内から窓越しに見える工場。

3005214

出来立てビールを飲みたいところだが運転があるので・・・

3005214b

自分用のお土産に6種類の中から2本と、オリジナルTシャツを購入。

3005215

* アメリカンスイート 330ml 390円
   ペールエール 330ml 390円
   オリジナル ロングスリーブTシャツ 3,500円 ナギサビール

その後は海岸沿いを走って紀伊半島・串本を回り、この旅一番のお目当ての太地 くじらの博物館へ向かう。

国道を右折すると、いきなり大きなくじらのモニュメントがお出迎え。

3005216

さらに進むと近代的な捕鯨船。

3005218

その先にあった! 

30052120

くじらの博物館。中に入った途端、巨大な骨格標本が。

3005219

じきにクジラショーが始まるというので、館外に出ると今度はシロナガスクジラの骨格標本。

30052110

その大きさに圧倒される。さすがは地球史上最大の動物だ。

30052111

クジラショーといっても、ザトウクジラやセミクジラのような巨大なもののわけがなく、ハナゴンドウとオキゴンドウの小型クジラ。

30052117

それでも、迫力があった。

30052119

クジラショーのあとは、奥の入り江へ。

30052112

桟橋を渡ると、仕切られたエリアごとにクジラやイルカが数頭。

30052113

近くに行くと、お腹が空いているのだろう、寄ってきて口を開けて餌をおねだりする。

30052118

300円で餌あげ体験ができるというので、買ってあげた。

そしてイルカショーのプールへ。

30052114

こちらのイルカも近くに来て、話しかけてくれる。

30052115

最後に博物館内を見学。

30052116

ずっと来たかったくじらの博物館を堪能した。

でもなぁ、さんざん楽しんでおいてなんだけど、
クジラやイルカの生態を学ぶという大義はあるけれど、
あんなに高速で泳げるイルカや身体の大きなクジラが、こんな狭いところに閉じ込められているというのは、ちょっと複雑な気持ちだった。

* 太地町立くじらの博物館 1,500円

くじらの博物館を出た後は、紀伊半島を回る形で三重を抜けて帰路に。
午後7時には無地帰宅。
充実した和歌山の旅になった。

« 5/29のワークアウト | トップページ | ヘリノックス風アウトドア チェア »

Triathlon」カテゴリの記事

Days」カテゴリの記事

コメント

大会後も充実していたみたいですね!
串本から紀伊半島を反時計回りというのはほとんど経験がないので、読ませていただいてとても新鮮でした。
クジラの博物館は行ったことがありません。面白そうですね。
いつかは大自然を泳ぐクジラをダイビングしながら眺めたいものです。

また和歌山にお越しくださいね。

satさん・・・
和歌山は高校2年のときに友人と二人で紀伊半島一周旅行して以来でしたので、今回はとても楽しみでした。
本当に素敵なところでした。
今回は海ばかりでしたが、次は山:那智の方へも行けたらと思います。

自然の中でクジラを間近に見れたらすごいですねぇ。
憧れます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5/29のワークアウト | トップページ | ヘリノックス風アウトドア チェア »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

JogNote

無料ブログはココログ