フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Mail

楽天

« 9/28のワークアウト | トップページ | 姫路城-有馬温泉 »

2016年9月29日 (木)

『向田理髪店』

ブックレビュー ☆4つ

『向田理髪店』 奥田 英朗

北海道中央部の、かつては炭鉱で栄えた苫沢町も今ではすっかり衰退してしまった。
財政難・過疎化・高齢化・嫁不足・後継者難、町や住民の抱える問題は山積。
そんな町で理髪店を営む向田康彦(53歳)の周りで起こった出来事を、ほろ苦くときにおかしく・・・「変化がねえ町だ」 なんて言いながら、ずいぶん賑やかに話がすすむ。

都会と違い、匿名でいられない田舎の町。
町で起こったことはみな自分のことのように、時におせっかいなほど世話を焼く。

僕はそういうの苦手だなぁと思いながらも、はたから見ると結構楽しそうだし、ちょっと羨ましくなったりしてくる。

ただ、主人公と同年代の僕としては、親を見送るということに関しては、真剣に考えるところがあった。
親をきちんと見送りたい、と思う。それは親に対しての思いというよりも、子供たちに親(子供からしたら祖父母)の介護・世話を押し付けるわけにはいかないから。
絶対に親より先に逝くわけにはいかないのだ、と最近時々考える。

Photo
『向田理髪店』 奥田 英朗 著 光文社

« 9/28のワークアウト | トップページ | 姫路城-有馬温泉 »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9/28のワークアウト | トップページ | 姫路城-有馬温泉 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

JogNote

無料ブログはココログ