フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Mail

楽天

« 『ことり』 | トップページ | ガラケー »

2016年7月31日 (日)

『薬指の標本』

ブックレビュー ☆4つ

『薬指の標本』 小川 洋子

結末は対比的だが、よく似た印象の 「薬指の標本」 と 「六角形の小部屋」 の2編収録。

抱えきれなくなった思いや感情・記憶を”封じ込める” あるいは ”吐き出す” 。

それを必要とする人だけが、たどり着くことができる場所。

それが、標本室であり、語り小部屋と呼ばれる六角形の部屋なのだ。

しかし深く関わると、しだいに絡めとられて離れられなくなる。

こうして、僕はまた強く小川 洋子の世界に絡めとられていく。

Photo
『薬指の標本』 小川 洋子 著 新潮社

« 『ことり』 | トップページ | ガラケー »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ことり』 | トップページ | ガラケー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

JogNote

無料ブログはココログ