« POLAR BOTTLE BIG BEAR GREEN | トップページ | アイデンティティ »

2016年6月25日 (土)

『砂浜に坐り込んだ船』

ブックレビュー ☆3つ半

『砂浜に坐り込んだ船』 池澤 夏樹

まず、カバーの美しさに見とれてしまう。
此岸と彼岸の境のような(もちろん勝手な想像だ)蒼いグラデーションの風景。

8編の短編集。
死者と語る話しが4篇。すでに亡くなった人を想う話が3篇。夢の話が1篇。

大好きな池澤さんの小説だ、悪くはない。
悪くはないのだが、彼特有の堅苦しさを感じる文章がしばしば見受けられて、ちょっとよそよそしい印象をうけた。

「悩みが深い時に欲しいのは助言ではない。ただ聞いてくれる相手だ」 砂浜に坐りこんだ船 P.37

何も言わず聞いてもらうのは、死者が最適・・・だったのかな。

Photo
『砂浜に坐り込んだ船』 池澤 夏樹 著 新潮社

« POLAR BOTTLE BIG BEAR GREEN | トップページ | アイデンティティ »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« POLAR BOTTLE BIG BEAR GREEN | トップページ | アイデンティティ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

JogNote

無料ブログはココログ