フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Mail

楽天

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

第38回 読売犬山ハーフマラソン

第38回 読売犬山ハーフマラソン

名鉄 矢作橋 6:47 → 新安城 6:53 6:56 → 神宮前 7:13 7:23 → 犬山遊園 7:58

1月下旬にフクラハギを痛め、ここ3週間はほとんど走れてない。
幸い空は快晴、どこまで走れるかは出たとこ勝負だ。

2802281

この大会、予想タイムごとに4つのグループに分けてスタート時間を4分ずつずらしている。
 豪傑 予想タイム1時間35分以内
 猛者 予想タイム1時間31分~1時間55分
 つわもの 予想タイム1時間51分~2時間15分
 初陣 予想タイム2時間06分~2時間30分

僕は猛者でエントリーしていたので、練習不足とはいえ1時間55分(キロ5分27秒)は切りたいと思っていた。

前半は5分10秒台と予想以上に快走。
しかし15キロあたりから疲れがでてペースダウン。
それでも心配していたフクラハギに痛みを感じることなく無事完走。
何とか1時間55分も切れたし、今日のところは合格点だろう。

2802282

お昼ご飯は味噌きしめん定食、1,350円。

せっかくなので犬山城を見物。

2802283

天守閣のすぐ横を流れる木曽川

2802284

お城前の商店街はずいぶん賑やかだった。

2802285

ランナーズアップデートより

地点名
Point
 スプリット  
Split     
 ラップ
Lap
 
 5km  00:26:52         0:26:30     
10km  00:53:20     0:26:28    
15km  01:20:10     0:26:50  
20km  01:48:26    0:28:16  
Finish  01:54:36    0:06:10  

* 第38回 読売犬山ハーフマラソン エントリー費 5,000円
 

☆ 第38回 読売犬山ハーフマラソン
   TIME 01:54:36
       NET  01:53:51 
   DIST. 21.0975km
   5’23”/km
   1,645kcal
   adizero CS boost

2016年2月27日 (土)

『永い言い訳』

ブックレビュー ☆3つ

『永い言い訳』 西川 美和

なんともつまらなくて数頁で読むのを止めよう思ったが、せっかく長いこと待ってようやく借りることが出来た本だからもう少しだけ、と読み進めたら思いもかけない展開に。
そこからは先が気になって、ついつい最後まで読んでしまった。

だけどなぁ、あんまり好きじゃないかな。
良い話だと思ったし、引き込まれもしたのだけれど、なんだろうこの気持ちの悪さは。

「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくはない。」 P.304
カッコイイ言葉だけれど、なんか違う気がする。

夏子が携帯に残したメッセージ、「もう愛してない。ひとかけらも。」 この方がよほどすっきりする。

 
Photo
『永い言い訳』 西川 美和 著 文芸春秋

2016年2月25日 (木)

2週間ぶりのラン

丸2週間ランニングを控えていたら、フクラハギの痛みは感じなくなった。
ここで無理をしてまた痛めてはいけないが、このまま何もせずに週末の犬山ハーフマラソンを走るのはさすがに不安なので、トレッドミルで様子を見ながらランニング。
傾斜2%・時速10km、違和感を感じたらすぐ止めるつもりで走り、6km直前でかすかな感覚があったのでそこで終了。
 

☆ 今日のラン(トレッドミル)
   TIME 00:36:00
   DIST. 6.0km
   6’00”/km

2016年2月23日 (火)

『しずく』

ブックレビュー ☆4つ

『しずく』 西 加奈子

自分に正直になる・・・簡単そうで、すごく難しい。
”本能のままに生きる”という意味じゃない。
他人に素の自分を見せ続ける必要はないけれど、自分に嘘をついちゃいけない。

初めて読んだ西 加奈子、の短編集。
辛すぎて、そんな自分の心を欺きたくて、人に嘘ばかりついている女の子の話 『影』 が好きだな。

猫の目線で書かれた 『しずく』 も面白かった。
カバーの猫の絵もご自分で描かれたようだし、この方よほど猫がお好きなんだろう。
 

Photo
『しずく』 西 加奈子 著 光文社

2016年2月20日 (土)

『この庭に 黒いミンクの話』

ブックレビュー ☆3つ

『この庭に 黒いミンクの話』 梨木 香歩

大人向け絵本。
ネタバレになるがご容赦願う。

これは、ミケルの夢の中か。
山間の村、一軒家にひとりで過ごすミケルの前に、現れては消える、ミンクを探す少女は幼いころのミケル自身?

最後の数頁、唐突に舞台が変わる。
高熱で寝込むミケルと母マーガレット、そして与希子。
彼女たちが蓉子と紀久と共同生活している家。
『からくりからくさ』 の番外編ということになるのかな。

時間と空間が混沌としている。
シュールな物語と鉛筆画による、静謐な世界。

Photo
『この庭に 黒いミンクの話』 梨木 香歩 著 理論社

 
☆ 今日のスイム
   DIST. 1.2km
   (200m×3、500m、100m)

2016年2月15日 (月)

追突

先日、右折待ちのところに追突された。
首と腰に痛みがあったので、翌日に整形外科でレントゲンを撮ってもらったところ、「首の骨は異常ないけど・・・まぁ年相応ですね」 と。
「ただ、腰は悪いです」。
画像を見せてもらったが、事故とは関係ないけれど一番下の腰椎の椎間板が擦り減って、かなり狭くなっている。
痛みやしびれは無いかと聞かれると、何ともなかったはずなのに、しびれているような気がしてくるじゃないか。
さらに、「ランニングや、過度な運動は良くない。どうしても続けたいなら、ウォーミングアップにしっかり時間をかけて、そして体幹を鍛えること」 だって。

年相応って言われた方が、まだましだった。

2802151

2802152

車が壊れたのもショックだが、それ以上にショックを受けて帰ってきた。

2016年2月14日 (日)

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』

ブックレビュー ☆4つ半

『僕は、そして僕たちはどう生きるか』 梨木 香歩

この哲学的なタイトルに身構えてしまう読者に、著者はまえがきでヒントを与えてくれる。

「群れが大きく激しく動く その一瞬前にも 自分を保っているために」

そして、14歳のコペル君、登校拒否の友人、奔放なその従妹、大人社会から見ると頼りなげに映るコベルくんの叔父、日本の言葉・風習に覚束ない豪州人を主な登場人物として、わかりやすく問題提起する。

教育の衣を被ったを屠殺・ドキュメンタリーを装ったレイブ・開発の名を借りた環境破壊・そして戦争
集団が一つの方向へ動こうとしているときに、自分の頭で考え判断できるようになるために、と。

自分が50歳を越えた身となっては、「どう生きるか」 と問われたときまず 「どう生きてきたか」 を考えることになる。
身勝手・傲慢・我が儘・浅ましさ・弱さ・卑しさ・醜さ・狡さ、そんな負の部分ばかりが思い浮かんで悲しく情けなくなってくるのだが、ただ一つの救いは、そのことに気づいたということか。
それはつまり、自分の立ち位置がわかっていることになるんじゃないかと思う。
そこから、どちらの方向へ動けばよいか、僕はどう生きようか、を考えれば良いのかな。
それを考えるには、ちと遅い気もするけれど。
 

Photo
『僕は、そして僕たちはどう生きるか』 梨木 香歩 著 理論社

 
「大勢が声を揃えて一つのことを言っているようなとき、少しでも違和感があったら、自分は何に引っ掛かっているのか、意識のライトを当てて明らかにする。自分が、足がかりにすべきはそこだ。自分基準で「自分」をつくっていくんだ。他人の「普通」は、そこには関係ない。」 P.144

「泣いたら、だめだ。考え続けられなくなるから」 P.244
泣いていろんなものを発散させ、気持ちをすっきりさせる効用があるからだ。さもなくば甘い自己憐憫に浸る心地よさがあるからだ。 P.245

「黙ってた方が、何か、プライドが保てる気がするんだ。こんなことに傷ついていない、なんとも思ってないっていう方が、人間の器が大きいような気がするんだ。でも、それは違う。大事なことがとりこぼれていく。人間は傷つきやすくて壊れやすいものだってことが。傷ついていないふりをしているのはかっこいいことでも強いことでもないよ。」 P.255

年相応(としそうおう)」

ジャネイロ辞典
【年相応(としそうおう)】 40代後半くらいから事あるごとに医者から言われるようになる。
                仕方ないなぁ思いつつ、言われるとがっかりする。

2016年2月11日 (木)

あー痛い!

とても暖かくランニング日和だったのに、走り出してじきに右フクラハギに違和感がでて、3kmでギブアップ。
1月下旬に痛めて、治ったと思って無理した結果また痛めてしまった。
犬山ハーフまであと2週間。
せめて完走できるように、しばらくランは禁止だ。

☆ 今日のラン
   TIME 00:17:08
   DIST. 3.1km
   5’31”/km
   240kcal
  

2016年2月 7日 (日)

チタンダブルマグ

この週末にスキーに行くのに合わせて、チタンのダブルマグを購入。
(スキーは友人がインフルエンザに罹ったため延期になったけど)

Photo

真空断熱ボトルにお湯を入れて行けば、道中でココアや紅茶を飲んだり、着いてから甘酒やホットウィスキーが飲めると思ったのだ。
別売の蓋を付ければ冷めにくいし、そのまま飲める。
試しにココアを飲んでみたが、蓋があっても飲みにくいことはない。
車のドリンクホルダーに収まればベストだったのだが、それにはちと大きかった。

* snow peak チタンダブルマグ300 フォールディングハンドル 3,535円 
   snow peak チタンダブルマグ300ml用 フタ  486円 Amazon

 
1ヵ月ぶりの20km超。
風が無ければ日差しがあって暖かかったが、なにせ風が強かった。
冷たい向かい風に心が折れそうになったが、往復コースを折り返してからでは元来た道を帰るしかなく・・・
途中から兆候はあったが、走り終えた後は右フクラハギが痛い。
まだ完治してないんだな。

☆ 今日のラン
   TIME 02:24:01
   DIST. 22.0km
   6’32”/km
   1,726kcal
  

2016年2月 4日 (木)

また当たった?

昨夏、オリエンタルがっちりプレゼントで当選し、送られてきた景品の ”名古屋どてめし” を食べようと箱を開けたら ”当り券” が入っていた!
えっ、また何か貰えるの?

280204


一昨日と打って変わって、今日は無風。
おかげで久しぶりに良いペースで走りきれた。

☆ 今日のラン
   TIME 00:59:17
   DIST. 11.3km
   5’14”/km
   869kcal

2016年2月 2日 (火)

2/2のワークアウト

時計をスタートさせたつもりが押し損ねたようで、1km過ぎに気づいた。
いつもの堤防コースを走ったので、距離はわかるがタイムは不明。
ペースは1km過ぎから計ったものでキロ6分40秒くらい。
風が強くて寒かったせいもあり、まったく上がらなかった。

☆ 今日のラン
   DIST. 11.3km

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

JogNote

無料ブログはココログ