« 9足目のランニング・シューズ | トップページ | Bianchi FRETTA カスタム- 1 »

2015年11月 8日 (日)

adizero boost

CS boostの靴紐をTempo4で使っていたゴム紐に交換して、早速走ってみた。

Adizerocsboost3

まずシューズ自体が軽く感じた。27.0cmサイズで220gというのはMana7と同じだから納得。
で、肝心のboost初体験の感想は・・・正直良くわからなかったが(実感として反発力を感じたわけではない)結果としてはかなり速く走れた(ピッチを多く刻めた)。
ピッチはほぼ175前後。
走りはじめからピッチを強く意識はしていたが、普段多いと感じる時でも170くらいだから、かなり多い。
これがboostの反発力のおかげなのかな。
練習で10km走った時のタイムとしては、今までで一番早かったんじゃないかと思う。
ただ、走っている間はかなり辛かったので、決して楽に早くというわけではない。

ちなみに、adidasの公式サイトによると、
BOOST(ブースト)

クッション性と反発性を両立した革新的ミッドソールテクノロジー。バネのような新感覚クッションで、少ない力でどんどん前へ進みます。

アディゼロ シーエス ブースト 【adizero CS boost
抜群のクッション性を持った長距離トレランモデル。後足部から前足部にかけて搭載されたBOOSTフォームがクッション性と反発力を両立し、アップダウンのコースで力を発揮。耐久性が高く、レース後半でもその機能が衰えない。Continental rubberが濡れた路面でも地面を捉え、長距離でむくんだ足に合わせて調節しやすいスピードレース採用。長距離トレランを走破するための一足。

となっていた。
トレランモデルとは言ってもソールは取り立ててボコボコしているわけではないので、不整地の本格的なトレランではなく、舗装されたアップダウンの多いコース向けということかな。
僕が参加する大会としてはモリコロパークとか恵那峡ハーフなどに良いのかもしれない。
ちょうど来週末にモリコロパークで勤労者スポーツ大会があるので、そこで使ってみようと思う。

☆ 今日のラン
   TIME 00:55:21
   DIST. 11.3km
   4’53”/km
   854kcal
  

« 9足目のランニング・シューズ | トップページ | Bianchi FRETTA カスタム- 1 »

Run & Jog」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9足目のランニング・シューズ | トップページ | Bianchi FRETTA カスタム- 1 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

JogNote

無料ブログはココログ