フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Mail

楽天

« 17.8 | トップページ | 第1回 のとじま里山里海トライアスロン(旅行編) »

2015年6月28日 (日)

第1回 のとじま里山里海トライアスロン(競技編)

第1回 のとじま里山里海トライアスロン大会

レース晴れ男のはずなのに、朝から雨が降ったり止んだり、しかも時折強風が吹いていた。

和倉温泉から能登島へ渡る能登島大橋
2706271

9時前に受付会場の能登島生涯学習センターに到着。

2706272

参加賞を受け取り、ヘルメットのチェックとナンバーを書いてもらう。2706273

トライアスリートっぽくて、沈みがちな気分がちょっと盛り上がる。

ところが、10時から競技説明会で、

2706274

海が荒れていて危険、ということでスイムが中止が告知された。
ラン2.5km-バイク 40km-ラン 10km
のデュアスロンで行われることになったのだ。
一番楽しみだった能登の海を泳げなくなったことで、気分がまた下がった。

しかし、その後も雨風は強くなるばかり。
選手駐車場に移動して、待機していると11時過ぎに、バイクも中止と案内が。
強風のためバイクも危険だ、という判断になったのだ。
とうとう、バイクコースを1周する 20kmマラソン大会になってしまった。
片道5時間以上かけて行って2泊して、ハーフマラソンって(実際はハーフ未満だし)、気分はもう地の底まで下がってしまった。

会場に行ってみると、海には白波が・・・

2706275

これじゃスイム中止も仕方ないよな。

しかも、この大会にエントリーして以降、それまでほとんどやってなかったバイクとスイムの練習に力を入れていたので、ランの20kmなんて4月の焼津みなとマラソンでハーフを走って以来と若干不安はあったが、せっかく来たんだし、ここは運営スタッフさん達に感謝しながら走ることにした。
だって、20kmのランのみになったことで、もともと2.5km×4周回のコースを8周回にされても文句は言えないし、運営上も安全面でも簡単だったはずだが、島の半分をぐるっと回るバイクコースを走らせてくれて、そのため急遽 2~3km毎に車で移動してエイドステーションを用意してくれたのだ。

レースだが、実際に走っている間は、雨はほとんど降っていなかった。
島の中央を走るため木々で風が遮られるコース前半は、アップダウンの連続で、楽しいのなんの。
その後、海岸にまで下り海沿いを走る後半は強い向かい風に吹かれて、もう楽しいったらありゃしない。
喜びのあまり疲労困憊だったが、ゴールするときには名前をコールしてくれて、ゴールテープを切らせてくれて、満面の笑みでゴールした・・・はず。

結局、競技変更のせいか天候のせいかわからないが、最終的な参加者は90名とただでさえ少ない参加者の約1/4近くがDNSと、非常にこじんまりとしたマラソン大会になってしまった。
で、結果は・・・

  ・スイム 
   中止

  ・バイク
   中止

  ・ラン
   TIME 01:41:03 53/90位(年代別 10/17位)
   DIST. 20.0km
   5’03”/km

だった。

2706276

ただ僕のGPSウォッチではちょうど19kmになってたから、それだと 5’19”/km になる。
あのコースで 5’03”/km で走れるわけないから、おそらくこっちが正しいんだろう。

それにしてもこの大会の表彰、男女別 1~3位、10歳刻みで年代別男女別 1位、最高年齢完走者賞、実行委員長賞(総合50位~59位)、さらに飛び賞 下一桁が7位と大盤振る舞い。
おかげで53位の僕も実行委員長賞の招き猫を頂いた。

2706277

悪天候で競技は縮小されちゃったし、規模は小さいが、とても気持ちの籠った良い大会だった。

気力・体力があればの話だが、来年はサミットで盛り上がった後の伊勢志摩に行くつもりだったけど、実行委員長が来年は晴れるって言ってくれたし、来年も能登島にしよっかなぁ、と思う今日この頃なのだ。

☆ 日本トライアスロン連合(JTU)会員登録(愛知県) 3,300円
   のとじま里山里海トライアスロン 18,000円+手数料 1,224円
   TRI-X ウェットスーツレンタル ロングジョン 4,300円+返送料 872円

« 17.8 | トップページ | 第1回 のとじま里山里海トライアスロン(旅行編) »

Triathlon」カテゴリの記事

コメント

大会お疲れ様でした。
梅雨時期の開催ですし、気象条件が厳しくなりやすいのはしょうがないですよね。
また次の大会に向けて気持ちを切り替えて頑張ってください。
マラソンのタイム、かなりいい感じですね!

satさん・・・
ありがとうございます。
しかしながら、熱い季節が来る前に、不完全燃焼で終わってしまって。しょうがないとはいえ、時間がたつにつれ残念感がつのります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 17.8 | トップページ | 第1回 のとじま里山里海トライアスロン(旅行編) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

JogNote

無料ブログはココログ