« 今日の桜(花乃湯) | トップページ | 今日の桜(井田公園) »

2015年4月 8日 (水)

『火星に住むつもりかい?』

ブックレビュー ☆4つ

『火星に住むつもりかい?』  伊坂 幸太郎

犯罪を起こす前に、危険人物を捕まえて処刑する平和警察。
どうやって危険人物を見極めるか・・・密告、噂、そして捕まった事実こそが危険人物であるという証拠となる。
その制度は、魔女裁判や特高警察になぞらえられる。

近未来、それとも前時代的か。
しかし、現実に繰り返される理不尽な・卑劣な・残虐な事件を思うと、そのうち本当にこんなシステムが出来るんじゃないか、あったほうが良いんじゃないか、と思ったりする。
そんな日が来ても、驚かない。
若き日のユーミンが、「そのうち誰かが火星に降りても、もう愕かないでしょう」 と唄った程度にはね。

でも今のところまだ、誰かが火星に降りるようすもないし、僕は平和警察のない国で平和に暮らしたい、と思っている。

P.S. たびたび披露される、真壁捜査官の昆虫の生態についての話が面白かった。

Photo
『火星に住むつもりかい?』 伊坂 幸太郎 著 光文社

« 今日の桜(花乃湯) | トップページ | 今日の桜(井田公園) »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の桜(花乃湯) | トップページ | 今日の桜(井田公園) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

JogNote

無料ブログはココログ