« 他人事じゃなかった | トップページ | 大暑 »

2014年7月22日 (火)

『タルト・タタンの夢』

ブックレビュー ☆4つ

『タルト・タタンの夢』 近藤 史恵

こじんまりとした、家庭的フランス料理の店〈パ・マル〉。
そこに訪れる客の行き違い・思い違い・過去の秘密などを無愛想なシェフ三船が料理をヒントに解明する、7話からなる短編集。
最後の「割り切れないチョコレート」が一番良かった。

恋の悩み答えられるほど、火の粉くぐってきたわけじゃなさそうなのに、素材を生かした繊細な料理を作るシェフには、人の心の機微がわかってしまうものなのかな。
そんなとききまって供されるヴァン・ショー(ホット・ワインのことらしい)は、身体も心もほぐれる魔法のくすりなのかもしれない。
謎が解けたお客は、優しい心持ちで店を後にする。

眠れ今宵 魔法のくすりで (松任谷 由美 ”魔法のくすり” より引用)

Photo
『タルト・タタンの夢 』 近藤 史恵 著 創元クライム・クラブ

« 他人事じゃなかった | トップページ | 大暑 »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 他人事じゃなかった | トップページ | 大暑 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

JogNote

無料ブログはココログ