« 323日ぶり | トップページ | 5/10のトレーニング »

2014年5月 6日 (火)

『アトミック・ボックス』

ブックレビュー ☆4つ半

『アトミック・ボックス』 池澤 夏樹

ポリティカル・サスペンスっていうのかな。
池澤さんがサスペンスって、ちょっと意外だったが、ハラハラドキドキ感を十分楽しめた。

福島の原発事故をきっかけに、30年前に自らが関わったプロジェクトを思い出し、それに手を貸したことを悔やみながら死んだ父と、その遺志を引き継いだ娘。
登場する誰もが、与えられた役割を実直にこなしていく姿は、清々しくも頼もしくもあり、また痛々しくも感じる。

核・原爆・原発・・・立場によって、時代によって、情勢によって、見解が異なるのは理解できるが、やっぱり人類が手を出してはいけないものだったと思う。

ある登場人物が、スリーマイル島原発事故を引き合いに出して言った、「自分が作るのが爆弾でよかったよ」の言葉が重い。
 

Photo
『アトミック・ボックス』 池澤 夏樹 著 毎日新聞社

« 323日ぶり | トップページ | 5/10のトレーニング »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 323日ぶり | トップページ | 5/10のトレーニング »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

JogNote

無料ブログはココログ