フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Mail

楽天

« 久しぶりのハーフ | トップページ | 原田 宗典容疑者 »

2013年9月 9日 (月)

『本日は、お日柄もよく』

ブックレビュー ☆4つ

『本日は、お日柄もよく』 原田 マハ

結婚披露宴の祝辞、選挙演説、記念行事の挨拶などなど、そんなスピーチを作る(指南する)職業があるらしい。

幼なじみの結婚式で、感動的なスピーチを聞いた主人公 二ノ宮 こと葉。
そのスピーチをした女性 久遠 久美のことが気になって仕方ない。
折りよく? 友人の結婚披露宴のスピーチを頼まれ、久遠 久美にスピーチの作成を依頼するのだが、何故かそのままスピーチライターの修行をすることになる。

「スピーチが、言葉が持つ力、その可能性をとことん追求してみたい。」と会社を辞め、スピーチライターとして歩み始める二ノ宮 こと葉。
「言葉は、ときとして、世の中を変える力を持つ」との信念で、より大きな舞台を目指す久遠 久美。

本著では、僕が役立てれる機会があるかどうか怪しいが、スピーチの心得が示されている。
そして、ふんだんに出てくる彼女たちのスピーチはとても素敵で感動的だった。

ところで、こんなシーンがある。
悲しみに打ちひしがれている友人に、何も言葉が見つからず、ただ立ち尽くすこと葉に対し、久美は何も言わず黙って抱きしめ、やさしく背中をたたいた。そして深くうなずいた。
それはどんな雄弁な言葉よりも気持ちを伝え、励ましになる。
その後にかけた言葉は、彼に前を向かせ歩き始める背中を押した。

日本には古来、言霊(ことだま)という言葉・考えがある。
信仰になっているほどに言葉の力が信じられている。
言葉には魂が宿っている、たった一言で人を励ますことも傷つけることもある。

今まで以上に、言葉を大切にしていきたいと思った。 

ところで昨日のオリンピック招致のプレゼンテーション、この職業の人がずいぶん活躍されたんだろうな。

41tpl1w2tsl__sx230_
『本日は、お日柄もよく』 原田 マハ 著 徳間書店

« 久しぶりのハーフ | トップページ | 原田 宗典容疑者 »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりのハーフ | トップページ | 原田 宗典容疑者 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

JogNote

無料ブログはココログ