« 今年の秋は大阪やねん | トップページ | 今月の30km走 »

2013年6月 7日 (金)

『星間商事株式会社社史編纂室』

ブックレビュー ☆3つ

『星間商事株式会社社史編纂室』 三浦 しをん

それぞれの理由で社史編纂室へ左遷された主人公 幸代たちは、社史を作成するため会社の歴史を調べる中で、ことさらに隠されている時期があることに気づく。
その隠蔽された歴史を探っていくあたりが、ちょっとサスペンス仕立てになっている。

全体的に面白いと思うのだが、幸代の趣味(同人誌の発行)にからめて随所に出てくる幸代の書く小説が、"やおい” と呼ばれるジャンルのもので愛好者のことを否定はしないが、どうしても僕は生理的に受け付けられないので、評価は☆3つとさせていただいた。

51syucpbmsl__sx230_
『星間商事株式会社社史編纂室』 三浦 しをん 著 筑摩書房

« 今年の秋は大阪やねん | トップページ | 今月の30km走 »

Books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の秋は大阪やねん | トップページ | 今月の30km走 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

JogNote

無料ブログはココログ