« あと1日 | トップページ | ゴールの先に見えたもの »

2012年6月10日 (日)

第24回 蒲郡オレンジトライアスロン

いよいよ今年最大のイベント、蒲郡オレンジトライアスロンだ。
梅雨入りしたばかりにもかかわらず、天気は快晴。
おかげで、今日は日に焼けて真っ赤になってしまった。
ヒリヒリした痛みで、筋肉痛がわからないほどだ。

で、まずは結果から。
無事、完走!
タイムは、4時間は切っているはずだが・・・。
ランニングウォッチでスタートはしっかり押したのだが、その後バトルの中で誤って押してしまったのか、自分で押し間違えたのか、ストップウォッチが止まってしまっていたし、ゴールした時に時計を見るのも忘れていた。
 

受付は昨日済ませていたので、スタート2時間前に着ければと家を6時に出たのだが、常時出入り可能な駐車場はすでに満車。
しかたないので、全競技終了まで出られない駐車場に。
結果的には、こちらの方が会場に近いし、空いていたし、舗装もされていたので良かったのかも。
ここで着替えを済ませ、トランジションエリアへ。

間隔はかなり狭い
2406101

バイク、シューズ等のセッティングを完了したところで、笑顔でピース。

2406102

天気が良すぎて、すぐに汗が滴り落ちてくる。

そうこうしているうちに、第1ウェーブから順次スタート。
予定より3分遅れで進行。
僕の順番が来て、恐々海に入ると水が冷たい。
が、ウェットスーツのおかげで身体はまったく寒くないし、何もしなくても浮くのでまずは一安心。
人数は多いがスタートラインが広いので、だいたい横3列に並ぶくらいの感じ。
もちろん?僕は最後列。
いよいよ、スタート。
バトルは避けようと、空いているところを探しながら泳ぐが、それでも何度もぶつかってしまう。
水が濁っていて、視界はほとんど無い。
それでも時折ヘッドアップしながら泳ぐが、まだ3分の1も進んでないあたりですでに息が苦しくなってきた。
プールなら休憩するところだが、当然近くに掴まるようなところは無い。
これでは泳ぎきるどころか溺れてしまう・・・と、一瞬パニックになりかけたが、いつもよりハイペースで腕を回していたことに気づいた。
知らず知らず、ペースを乱していたようだ。
どうりで周りに人がいっぱいいるなぁと思った。
沈むことは無いんだから大丈夫と自分に言い聞かせ、いつものペースに戻すと、少しずつ落ち着いてきた。
それからはペースを守り、同じ組の中では遅い方だが、前の組の数人をパスし、後ろの組に数人パスされ、無事完泳。
だが、この時すでに左太股筋肉疲労で少々ふらつきぎみ。

トランジションまで走り、気持ちを落ち着かせ、着替えてジェルを補給しバイクスタート。
10kmコースを4周回。
思ったより走りやすかったが、コーナーが多いせいか落車している人、数名。
パンクして路肩で修理している人や、何があったかわからないがバイクを引いて歩いている人も何人かいた。
学生選手権(東海・北陸、近畿)も兼ねているので、イキの良い学生たちがすごい勢いで抜いていくが、僕は怪我せず、故障なく、走りきることだけ考えていた。
結果的にバイクが一番ラクだった(というか、苦しくなかった)のだが、一番時間がかかる種目だけに、もう少し攻めた方が良かったのだろう。
っていっても、終わってから言えることだけど。

で、バイクも無事完走し、いよいよ最終種目のランは約3.3kmを3周回。
バイクでラクしたせいか、思ったほどの脚の疲れは無かった。
キロ数表示が無いのでペースがまったくわからないが、とりあえず止まらず歩かず走り続けるのが精一杯。
なんとか3周目の折り返しを過ぎ、あとはどんな風にゴールするかだけ考えながら走る。
バンザイしようか、ガッツポーズにしようか、いや肘を少し曲げて両手を大きく広げる藤原新スタイルにしよう!
あとはゴールテープを切れるように、前後の人との間合いを計る。
ゴールが見えてきた。
後はあいている。
前は間隔をあけて3名、そのすぐ前に3名。
よし、6人がゴールしたところでゴールテープを用意してくれるはず。
だったのに・・・
後の3名の中にいた〇バア(本当はクソを付けたいところだ)が、連れに写真を撮ってもらうためだろう、無理やりゴールテープを用意させ、こともあろうにテープの前で止まりやがった。
しかも、そのポーズたるや僕が狙っていた藤原新スタイル。
当然すぐに追い着いてしまった僕は、「どうした 〇バア、電池切れか?」 とも 「どけ! 邪魔だ」 とも言えず、ゴールを通過するのを一瞬躊躇し、ポーズもへったくれもなく終わってしまった。
ゴール後は、トライアスロンを完走した感動などこれっぽっちもなく、ただただ〇バアに対しての腹立たしさばかりが募った。
何より腹立たしかったのは、あんなクソ〇バア(やっぱり我慢できずクソを付けてしまった)に負けてしまった自分が情けなくて。

そんなこんなで最後にケチは付いたが、僕のトライアスロン・デビューは無事完走することが出来た。
まぁ良かったと思うし、やはり嬉しい。

そして、もうひとつ嬉しかったのは『行列の出来る法律相談』で有名な菊地弁護士と握手できたこと。
僕がモヤモヤした気持ちを抱えながらゴール付近でうろうろしていたら、「菊地弁護士がゴール!」という実況アナウンスが聞こえ、見るとあのスキンヘッドのお方がいらっしゃったのだ。
近くにいた参加者が握手をしていたので、僕も駆け寄り握手していただいた。
間近で見る菊地弁護士は予想外に筋肉質がっちり体系で迫力があった。
さすがアイアンマンだ。
その後も、お疲れのはずの菊地弁護士は握手や記念撮影ににこやか応じていたのだが、その中に例のクソ〇バアがいた。
菊地弁護士と記念撮影をねだっていたのだ。
写真を撮る連れの男の手には携帯電話。
てめぇ、そんなチンケなカメラで菊地弁護士と記念撮影だとぉ。
そんなのでゴールシーンを撮ろうとするから、止まらなきゃいけなかったんじゃねーか。
常に紳士的な姿勢を崩さない僕が、ついつい下品な言葉を連発してしまった。

さて、気になるタイムだが公式ホームページに掲載されるはずだが今日はまだ出ていない。

« あと1日 | トップページ | ゴールの先に見えたもの »

Triathlon」カテゴリの記事

コメント

完走おめでとうございます!すごいですね!!
次は常滑、伊良湖、、とかですねw

ご活躍応援してます!(*^-^)

YAMA本さん・・・
ありがとうございます。
「一緒に頑張ろう」と言ったはずの、あなたの上司でもある しのっちさん が、忙しいせいかなかなか前進しないので(昨日はお子さんと応援に来てくれましたが)ひとり寂しく参加しました。

でもYAMA本さんは応援ではなく、一緒にやるんですよ(笑)
YAMA本さんの年齢で始めれば、数年後には年代別優勝も夢ではありません。
まずは3週間後のフォレスタです。
頑張りましょう!

完走おめでとうございます!
自分の時はミネラル補給で筋肉が痙攣しリタイアを考えましたが、
余裕を持てたのが凄いです。

引き続き一緒に頑張りましょう!

satさん・・・
ありがとうございます。

すぐ前を泳ぐ人の膝下くらいまでしか見えない視界の悪さが幸いし、自分のペースを取り戻せたのかもしれません^^;
でもやはり、海亀が産卵に来るような美しい海で泳げるsatさんがうらやましいです。
次はsatさんの番ですね^^
僕が汚してしまったアッソルトの名誉を挽回してください!
ご健闘をお祈りしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あと1日 | トップページ | ゴールの先に見えたもの »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

JogNote

無料ブログはココログ