フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Mail

楽天

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

2011 走り納め

大晦日の今日は、昨日のお客様の2件人身事故の連絡等で若干時間を要したが、今日の天気のように概ね穏かに過ごせた。

そして、今年最後のラン。
せせらぎ遊歩道コースをちょうど10km。
これで今月は月間走行距離125km。
年末、しかも後半は寒い日も多かった中、僕にしては良く走ったと思う。

今年は自然災害も多く、決して良い年ではなかったが、僕的にはブータン国民に負けないくらい日々幸せを感じながら過ごすことができた。
本当にありがたいことだと思う。
 

☆ 今日のランニング
   TIME 00:53:59
   DIST. 10.0km
   5’23”/km

2011年12月29日 (木)

まにあったか?年賀状

今日、ようやく年賀状が完成。
印刷もすませ、投函してきた。

毎年のことだが仕事用とプライベート用、図案を考え、材料(写真・画像・イラスト)を集め、加工して、構図を決めて、と数日がかり。
けっこう楽しみながらやってはいるが、面倒な作業だ。
しかも、しょうもないところで凝ったりするから本当に時間がかかる。

実は、今年は子供たちが(とくに長女が)
「いつものような年賀状を、お友達に出すのは恥ずかしいから自分で描く」
と言い出したのだ。
これには結構ショックで、やる気半減。
適当に選んだ写真を並べて載せて終わりにしようと思ったのだが、嫁が、
「期待されてるんだから、そんなんじゃダメだ」
と、自分は何もしないのに好き勝手なことを言ったのだ。
仕方ないから、嫁の写真だけギャグにして、僕と子供たちはカッコ良い写真を使って作ったら嫁は大満足(頭おかしいんじゃないか? 羞恥心は無いのか?)、子供たちもそれなら使う、と言ってくれた。

まぁ自分的にも満足できる出来栄えになったし、大晦日2日前に投函できたのでホッとしている。

あとは元日に配達されることを祈りつつ、これで安心して新年が迎えられるのだ。

2011年12月28日 (水)

『Dear サンタさん』

ちょっとタイミングが遅れてしまったが、クリスマスの話題。

我が家では、毎年クリスマスに絵本を買っていた。
子供たちにだったり、嫁にだったり、自分にだったり。
そんな絵本が、10冊くらいはあるだろうか。
その習慣も子供たちが小学校高学年になる頃から途絶えてしまっていた。
しかし、今年は久しぶりに買ってきた。

ふくだ すぐる さんの絵本、『Dera サンタさん』 。

Dear
『Dear サンタさん』  ふくだ すぐる 作/絵  岩崎書店

なんとも愛嬌のあるサンタさんの絵。
サンタさんのことが大好きな動物たちが、それぞれサンタさんにプレゼントをするお話しで、可笑しくて、とても可愛いのだ。

実はこの本、何年か前にも買った事がある。
しかし・・・
目を放した隙に、やんちゃざかりだったシルルが、本棚から引っ張り出してボロボロにしてしまったのだ(泣)

2312281

ちょっと悲しかった。
実は、この時もう一冊、結構お気に入りの写真集も・・・

2312282 

秋本 奈緒美さんの写真集。
幸いにして被害はカバーだけだったし、嫁の手前あまり表情に出せなかったが、実はかなり悲しかった(大泣)
 

最近ちょこちょこ間食するせいか、体重が70kgを超えてしまった。
少し前、調子が良かった頃より2kgくらいは増えた。
走っていても、ちょっと身体が重い感じがする。
年末年始、食べて飲んでの生活になるので、その分ランニングはしっかりやらなければ。
 

☆ 今日のランニング
   TIME 01:02:12
   DIST. 11.0km
   5’39”/km

2011年12月24日 (土)

初めてのApple

昨晩の食べ過ぎを消化するため90分ラン。
今日は、腰のボトルポーチにVAAM、腕のアームポーチに携帯電話、そして耳にはヘッドホンでiPod nano なのだ。

僕は元祖ウォークマン世代なので、学生時代から携帯音楽プレーヤーはずっと身近にあったはずなのだが、今まで自分で持ったことは無かった。
いつも音楽を聴いていたいと思うほど音楽好きでもなかったし、それほど必要性も感じなかった。
しかし、最近1時間以上続けて走るようになって、ちょっと退屈というか寂しさを感じてきたので、気を紛らすために音楽を聴きながら走ることにしたのだ。

どれにしようか? とエイデンに行ってみると、ほとんど SONY の Walkman か Apple の iPod かっていう 展示。
走るときに聴くのだから、やはり小さく軽い方が良い。
となるとiPod nano か shuffle か。
shuffle の方が小さいが、容量がちょっと心もとないのと、Apple 独特の画面を指でタッチする操作方法とFMラジオも聴けるということで nano に決定。
ネットで調べたら、送料無料でしかも裏にメッセージ刻印サービスがあったので、Apple Store で買うことにした。
色はグリーンにしようと思っていたのだが、Apple Store 限定色でレッドがあったので、それにした。
どうやらレッドを買うことで Apple が購入金額の一部を「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付するということになっているらしい。

Ipodnano1

刻印は最近の気分で “ No Running , No Life 2011 ” としたのだが、

Ipodnano3

なんだか走ることが義務っぽい感じがして、いただけなかったかな。
もっと楽しく走れるようなメッセージにすれば良かったと、ちょっと後悔している。

付属のイヤホンでは走っているうちに外れそうだったので、ヘッドホンタイプのものを探して、こちらはSONY の MDR-AS51G 。

Mdras51g
SONY ステレオヘッドホン MDR-AS51G
 

で、今日初めて装着して走ったのだ。
ヘッドホンが外れることも無く、周りの音もちゃんと聞こえるし、とても快適だった。
聴いていたのはスピッツ。
今日聴いた中で、走るペースに一番しっくりきたのは、これ。

どちらかと言えば、あまり好きな曲ではないのだが、ピッチと合ってテンポよく走れた。
 

* iPod nano 8GB  10,800円 Apple Store 

   SONY ヘッドホン MDR-AS51G  4,980円 エイデン
 

☆ 今日のランニング
   TIME 01:31:44
   DIST. 15.5km
   5’55”/km

2011年12月20日 (火)

谷川 俊太郎の詩集

谷川 俊太郎さんの詩集。

先月(11/13)のこと、谷川 俊太郎さんが、宮藤 官九郎さんと箭内 道彦さんと共に 『ボくらの時代』に出演されていたのを見た。
放送の中でご本人もおっしゃっていたが、「生きてたんだ」 というのが大変失礼ながら率直な感想だった。

氏のお名前を初めて知ったのは、高校1年の時。
現代国語の先生が、授業の前に毎回いろんな本の一部をコピーして配ってくれた。
その中に 『二十億光年の孤独』 があったのだ。
人の輪から離れていることが多かった当時の僕は(今でもあまり変わらないけど)、このいかしたタイトルに、親近感を覚えたのか、勇気付けられたのか。
内容はまったく覚えていないが、タイトルだけは記憶に残っている。

文の仮名使いなどから、当時すでに高齢だと思っていた。
そして、それから30年以上の時を経ているのだ。
しかし、たびたびお名前と作品は目にしていたので、
「あれ? まだ作品を発表してる、ってことは、ご存命? 作品を読む限りそれほど高齢にも思えないし。いったいいくつの方なんだ?」
と不思議に思っていた。

その方が、外見は僕の勝手なイメージとはずいぶん違っていたが、けっして大御所ぶることもなく、楽しそうにユーモアを交えてお話しをしておられる。
そんな谷川 俊太郎さんにとても興味がわき、図書館で3冊借りてきた。

231220

『二十億光年の孤独』
氏のデビュー作

Photo_4
『二十億光年の孤独』 谷川 俊太郎 日本図書センター

“二十億光年の孤独”
・・・万有引力とは ひき合う孤独の力である・・・
・・・二十億光年の孤独に 僕は思はずくしやみをした (仮名使いは原文のまま)
   

『みみをすます』 
“みみをすます”、“えをかく” 他、全6編。
『ボくらの時代』の放送の中で、箭内 道彦さんが紹介していた。
一日中 誰とも話しをしない日に、1度くらいは言葉を発したくて、声に出して読んでいた本だそうだ。そしてまた、いろんな方にプレゼントした本だと。
すべてひらがなでかかれた、短い言葉が続く詩だ。

Photo_2
『みみをすます』 谷川俊太郎 福音館書店

“みみをすます” 目に見えるものにも、目に見えないものにも。
あらゆるものの音にみみをすます、そんな謙虚さを詠んでいる。

“えをかく” 思い浮かべて、連想して、えをかく。そんな想像力を詠んでいる。

それは大人にこそ必要な資質じゃないだろうか。
とくに、どこかの国の大臣たちにこの詩を読んで内容をかみしめてもらいたい。
 

『どきん』
谷川俊太郎さんの詩は、よく教科書にも使われている。
長女に聞いてみた。 谷川俊太郎って知ってる?
『どきん』の人? 小学校で習ったよ。
え、『どきん』?
調べた。『どきん』。谷川俊太郎だった。
長女が覚えていたことが、何故かうれしかった。

それで、この本も借りた。

子供たちに見せたら、“どきん”(この詩集の最後に載っている詩)を何度も繰り返し声に出して読んで、大喜びしていた。
声に出して読んだほうが、より面白さがわかる詩なんだと思った。

Photo_3
『どきん』 詩=谷川 俊太郎、絵=和田 誠 理論社

この詩集の中に“春に”という詩がある。
長女に聞いたら、中学2年の教科書にも載っていたそうだ。
「この気持ちはなんだろう」で始まる、期待と不安に満ちた思春期特有の心の震えを懐かしく思い出させるような詩。
僕がこの詩集の中で一番好きな詩だ。
 

● Run
3日前、初めて20km超を走ったが身体の痛みは思ったほど無かった。
両脚の付け根の痛みは、翌日には無くなった。
左膝の痛みは、湿布が効いたのか2日目に無くなった。
左足の裏の指の付け根あたりにも痛みと言うか疲れと言うか、ちょっと違和感があったが、それも3日目(今日)には無くなっていた。

で、今日はちょっと寒かったが走った。
ウェアは、スウェットの下にDCM ボディサポートを着たのだが、走っている間はまったく寒くなかった。
安かったわりに、結構使える。
 

☆ 今日のランニング
   TIME 00:56:17
   DIST. 10.0km
   5’37”/km

2011年12月17日 (土)

ひとりハーフマラソン

今日こそはハーフを走りきるぞ! と言うほどの強い意志があったわけではないが、チャレンジできる条件が揃ったので、頑張ってみることにした。
ちなみに条件とは、
 ・どんなにゆっくり走っても日が暮れるまでに充分な時間がある。
 ・少し風は強いものの、天気は良く、比較的暖かい。
 ・もし脚を痛めても、次のレースまで2ヶ月弱と充分な期間がある。
 ・どうにも走れなくなったら、嫁にレスキューを要請できる。
ということだ。

コースは、いつもの矢作川右岸河川敷遊歩道から渡橋を渡り、そこからは左岸堤防下の遊歩道(“せせらぎ遊歩道”というらしい)を終点から起点まで。
結果的にこのコースを往復すると、ほぼハーフの距離となった。
途中2箇所、途切れていたり未舗装だったりしたが、それ以外はとても綺麗(一部は工事完了したばかり)で、ところどころにベンチや東屋があったりする。
当然車は走れないし、信号はひとつも無い。
これほど恵まれたランニングコースなのに、人は少ない。
走っている間にすれ違ったのは、ランナーが3人とウォーキング2人、自転車2人だけなのだ。
ほぼ貸切状態で、ペースを乱されず走れるのはありがたいが、ちょっと寂しいぞ。

それはそうと、今日もシューズはadizero Mana6。
ボトルポーチを付けて、ヴァームウォーターを持って行った。

231217

前半は順調だったが、折り返してから向かい風になり、少し寒くなってきた。
14km前からは左膝外側が痛くなりだしたが、途中4~5回止まり水分補給して屈伸したりストレッチしたりマッサージしたりしながら、それでも歩くことなく走りきることができた!
途中何度も止まったにもかかわらず、タイムはキロ6分を切れたし、大満足だ。
あまりゆっくり走るよりは、これくらいのペースのほうが、僕の場合は脚の負担が少ないのかもしれない。

家に帰りシャワーを浴びて、遅めの昼食を食べて、一休みしたかったのだが、「日が暮れて寒くなる前にシルル(犬)の散歩に行ってきて」と嫁に頼まれ、疲れてるからなんて理由で断れるわけがなく(拒めない依頼は命令と言うんだろうな、たぶん)散歩に出た。
ところが、この2kmほどのたらたら歩く散歩が本当に辛く、左膝が痛くて何度立ち止まったかわからない。
もう、いくらストレッチしても痛みは消えない。
ランニング途中でこれほどの痛みが出たら、一も二も無く嫁に迎えに来てもらうのだが、犬の散歩で迎えに来てなんて口が裂けても言えない。
半泣き状態で家に戻った頃には、初めてハーフを走りきった感動などあとかたもなく消えていた。

すぐに湿布を貼って少し楽になったが、明日に痛みが残らなければ良いのだが。
 

☆ 今日のランニング
   TIME 02:06:23
   DIST. 21.2km
   5’57”/km

ペース( au Run & Walk より)
   0Km~1Km 5’35
   1Km~2Km 5’51
   2Km~3Km 6’07
   3Km~4Km 5’53
   4Km~5Km 6’13
   5Km~6Km 6’05
   6Km~7Km 6’01
   7Km~8Km 5’45
   8Km~9Km 5’40
   9Km~10Km 5’45
   10Km~11Km 5’51
   11Km~12Km 5’40
   12Km~13Km 5’45
   13Km~14Km 6’49
   14Km~15Km 5’39
   15Km~16Km 7’25
   16Km~17Km 5’27
   17Km~18Km 5’20
   18Km~19Km 7’08
   19Km~20Km 5’43
   20Km~21Km 5’26

タイムを見ると、どこで立ち止まったか良く分かる。

2011年12月16日 (金)

会長副会長ファーストアルバム

久しぶりにCDを買った。
アコースティックギターのインストゥルメンタルユニット “Kaicho Fukukaicho” のファースト・アルバムだ。
“Kaicho Fukukaicho” 会長副会長 ってヘンテコなユニット名だが、決して色物バンドではない。
某小学校のPTA役員を引き受けた会長と副会長が、意気投合して結成したことから付けられたユニット名らしい。

始めはDEPAPEPEのカバーで、あちこちのライブイベントに出演していた彼らが、少しずつオリジナル曲を作って演奏するようになってきた。
そして書き溜めた曲を集めて、初めて作ったオリジナルミニアルバムがこれ、『Five Scenes』 。
五つの風景、ということか。ポップな曲調からバラード調まで、なかなか充実した曲揃えとなっている。

2312161

2312162

ん? 「西尾発!」って、地元じゃん。
会長副会長の会長ことO氏って、僕の学生時代からの親友じゃん(笑)
なんなんだ、このわざとらしい前振りは、ただの友達の宣伝か? 
いやいや、そうではないのだ。
聞いてみると、アップテンポとスローテンポの曲が交互に配され、どれもクオリティの高い、良い曲なのだ。
僕的にはスローな2・4曲目が好みだが、ブログにアップする方法がわからなかったので、会長副会長のオフィシャルブログにアップされていた3曲目の 『HARD RAIN』 を拝借。

それにしてもO氏、趣味のテニスは有料でコーチをしているほどだし、
嫁いわく 「Oさんって本職何だっけ?」 という感じだ。
Oくん、君はどこへ行ってしまうんだ。
もしかして、遅咲きの(遅すぎるけど)メジャーデビューを目指しているのか?
今のうちにサインもらっとこうかなぁ。

会長副会長 オフィシャルブログ
 

* 『Five Scenes』  Kaicho Fukukaicho  500円 会長ことO氏宅

2011年12月13日 (火)

adizero Mana6で10km

adizero Mana6で初めて10kmを走った。
今までのシューズに比べてクッションが薄いので、途中で膝が痛くなるのではと心配だったが、今日のところは大丈夫だった。
むしろ軽い分、後半がラクに感じた。
週末、天気が良ければこのシューズでもう少し長い距離を走ってみようと思う。

ところで、来年1月のスイーツマラソンの参加を迷っているうちに、ハーフに続いて10kmも定員に達してしまった。
まぁとくにお菓子を食べたかったわけじゃないからいいや。
って、こういうのも “すっぱいブドウの論理” って言うのかな。
  

☆ 今日のランニング
   TIME 00:58:21
   DIST. 10.3km
   5’39”/km

2011年12月11日 (日)

第44回 安城シティマラソン

今日は、第44回 安城シティマラソン大会。
天気は快晴、昨年同様会場までは自転車で行った。
家を出るのが遅くなってしまったため、終了15分前になんとか受付をすまし、しのっちさんたちと合流。

ゼッケンをシャツに付けて、着替える。
服装は暖かそうだったので、DCM ボディサポートのタイツとロングスリーブシャツ、その上に短パンと半そでランシャツ。
シューズは、結局履きなれたほうにした。

昨年はスタートからしばらくは抜かれるばっかりがったが、今回は50分以内を目標にしていたので、最初から頑張って走った。

ちなみに、1kmごとにラップは、(2Km地点でラップを取るのを忘れたため、3kmは2km分)
 1km 5’28”
 3km 9’50”
 4km 4’53”
 5km 4’45”
 6km 5’04”
 7km 4’57”
  8km 5’07”
  9km 4’49”
  10km 4’43”

最初の1kmはスタート時の混雑を考えれば、まずまずの出だし。
途中ラップタイムしか見ていなかったのだが、2km以降はほとんど5分以内で走っていたので50分以内は大丈夫だと思っていたのだが、8km地点で確認したら40分を超えていた。
最初のロスの時間を忘れていたのだ(汗)
あわててペースアップ。ラスト2kmはかなり辛かったが、気力を振り絞ってゴール。
タイムは49分36秒、目標クリア!

ギリギリではあるが、40分台というのはすごくうれしい。
去年より約10分短縮、この分だと来年は30分台か?(絶対ムリ)

それにしても、3kmすぎでピカチューに抜かれ、5km過ぎにサンタお姉さんに抜かれ、残り1kmでチョッパーに抜かれたときはかなりショックだった。
悔しいが、沿道からの「ピカチュー!」の声援に、かろやかに手を上げて応える姿はかなりカッコよかった。
かぶりものの人が軽やかに走る様は憧れる。
僕もいつか45分以内で走れるようになったら、黄門さまにでも仮装しようかな。
求む : 助さん、格さん!

ゴール直後(10kmの部に一緒に出場したケイタくんと)
2312112_2

それでも順位は40代男子の部で181位、参加者の半分より後ろってことだ(悲)

記録証 (181 / 349 位)
2312111_2

ところで出場者の中に、そろいの水色のTシャツを着た人が大勢いたので、ずいぶん賑やかな団体だと思ったら、参加賞のTシャツをさっそく着ている人たちだった。 

参加賞のTシャツ
2312114

最後にみんなで記念撮影
(例によってご本人に掲載許可を頂いていないので目線処理)

2312113

大府シティ健康マラソンに比べて美ジョガー率が低かったこの大会において、ここでは美ジョガー率3/6と50%なのだ。
残念なのは、彼女たちの出場が“ジョギング(3km)の部”と、文字通りジョガーに留まっていることだ。
 

☆ 今日のランニング
   TIME 00:49:36(グロス)
   DIST. 10.0km
   4’57”/km

     今日のバイク
   DIST. 14.6km

2011年12月10日 (土)

3足目のランニング・シューズ

2足目のランニング・シューズはまだ何ともないが、タイプの違うものを試したくて探していたら、ネットで適当なのが見つかったのでポチッとしてしまった。

Adizeromana6

今までの2足はクッション性を重視したもの(1km5分以上)でニュートラル(だと思う)だったが、今回は少し軽め(1km~5分)でオーバー・プロネーションのものだ。
自分がオーバー・プロネーションなのか今ひとつ自信が無いが、日本人はオーバー・プロネーションが多いらしいし、偏平足だとオーバー・プロネーションになりやすいそうなので、試してみることにした。

ネット通販で試着ができなかったが、サイズはいつもと同じ28.0cm。
少し小さく感じたが、足先に気になるところはない。

実際に走るのは今日が初めてだったが、やはり軽く感じた。
距離は5km程度だが、走っている最中も、後も痛みを感じるところもなかったので、明日はこれで安城シティマラソンを走ろうと思う。

ちなみに、今日は安城総合運動公園(明日の会場)の中のランニングコースで軽く調整。
1kmだけ全力で走ってタイムを計った。
3分50秒で自己ベストだったが、一昨日 学校の持久走大会で3分48秒だった小6の長男に負けてしまった。

さて、明日は安城シティマラソン、目標は50分だがちょっと厳しいかな。
 

* [アディダス] adizero Mana6    PROSHOP B&D 5,990円
 

☆ 今日のランニング
   DIST. 5.3km

2011年12月 8日 (木)

『ツナグ』

『ツナグ』 辻村 深月
第32回 吉川英治文学新人賞 受賞(平成23年)

ラジオで紹介されていたのを聞いて読みたくなり、図書館で予約したが借りるのに2ヶ月ほど待った。
辻村 深月さんの小説を読むのは初めてだったが、待った甲斐はあった。

一生のうちでたった一度だけ、死んでしまった人に逢うことができる。
そして、“一度だけ逢える” というのは死んでしまった人にとっても同じ。
ただ、逢う相手を指名できるのは生者からだけで、死者から指名することはできない。
死者はただ待つのみ。 だが拒むことはできる。
死者にとっても、一度きりのチャンスに誰と逢うかは重要なことなのだ。
その、生者と死者とを逢わせる能力を持った者、それが使者(ツナグ)だ。

噂に聞いたことがあると言う人は多いが、本当に逢いたいと願うものだけが使者(ツナグ)にたどりつけるという。
誰に逢いたいのか、何故逢いたいのか、逢って何を話したいのか、何を確かめたいのか・・・
願いが叶った人たちの、優しくて温かくて辛くて悲しい連作長編小説。

Photo_4
『ツナグ』 辻村 深月 著 新潮社

他の作品も読んでみたいが、作品紹介を見る限り似たような雰囲気のものが多そうで、(ジャンルはミステリーになるのだろうか)せっかくのこの作品の読後感が薄れてしまうような気がして、二の足を踏むところだ。

2011年12月 7日 (水)

ウィスキーがお好きでしょ

久しぶりに10kmコースを走りきった。
一生懸命走ったし、ラスト500mは結構頑張ったが、その割りにタイムは良くなかった・・・

今度の日曜日は安城シティマラソン。
当初の目標は50分だったが、先月脚を痛めてからは、あまり走れなかったし、55分が切れれば良しとするか。

ところで、去年の冬から今年の春先にかけてアルコールは日本酒(冷酒)ばかり飲んでいたのだが、初夏以降はウィスキーをハイボールかストレートで飲むことが多くなった。
一応バーボン・スコッチ・ジャパニーズと揃えているが、やはり一番良く飲むのは角かな。
別にCMに菅野美穂さんが出ているからではない(そりゃ菅野美穂さんは好きだけどさ)。
やっぱりあの特徴的なボトルが良い。
で、今回スコッチと角が無くなったので、酒屋さんに仕入れに行ったら、ちょうど角が安くなっていた。さらに角瓶を模したタンブラーが1本に1個おまけで付いていた。
もともと、おまけ付きに弱いところへもってきて、角瓶タンブラーなのだ。
これは買わないわけにはいかない、と迷わず2本買ってしまった。

嫁は、「またいらないコップが増えた、しまう場所が無い」、と文句を言っていたが・・・

231207

やっぱり角のハイボールは角瓶タンブラーなのだ。
ちなみに、角のストレートは角ロックグラスで飲んでいる。
昔からおまけに弱いのだ。
 

*  サントリー角瓶  1,099円  酒や ビック  

☆ 今日のランニング
   TIME 00:55:06
   DIST. 10.3km
   5’21”/km

2011年12月 6日 (火)

脱原発を考える

震災・津波による原発事故のために、この冬も電力不足で節電を求められている。
そのため一人一人ができることから始めることが必要だ。

そこで、脱原発を唱える1人として、僕も何かできないかと考え、節電の歌を作ってみた。

『ヤン坊 マー坊 天気予報』 (フルバージョン) のメロディに乗せて、
     タイトルは 『ダン坊 レイ坊 電気の無駄はよそう』

では、ご一緒に・・・

     僕の名前はダン坊  僕の名前はレイ坊
        二人合わせてエアコンだぁ  君と僕とでエアコンだぁ
     暖房温度は2℃下げてぇ  冷房温度は2℃上げるぅ
     事務所も工場(こうば)も  お店も家でも 
        設定温度を見直そう
     小さな部屋から 大きな部屋まで
        使用を控えて 節電しよう

ちなみに、現在流れている天気予報の歌はショートバージョンなので、フルバージョンはこちら。

2011年12月 4日 (日)

DCMボディサポートでランニング

寒い日に走るときのタイツはカーマのDCM ボディサポートを使っているのだが、安いわりにサポート感はあるし暖かいのでシャツも買ってみた。

231204  
DCM ボディサポート ロングシャツ

着てみると、なんか変な匂いがする・・・
わかりやすく言えば、安っぽい匂い(ってどんな匂いだ)。
まぁ、何度か洗濯すれば、そのうち気にならなくなるか^^;
タイツのときと同じようなコメントになってしまうが、フィット感は良いので普段の練習のときはこれで良いんじゃないかな。

さっそくボディサポートの上下に、短パンと長袖シャツを着て走った。
風が強く日が傾きかけてからだったので、始めは寒かったが走り出したらちょうど良かった。
今日は時間もあったので、久しぶりにLSD・できれば15km以上と思ったのだが11kmあたりから左膝外側が痛くなってきて、12km過ぎで断念。
ちゃんとしたスポーツ用品メーカーのサポートウェアならもっと走れたのに・・・ってことは無いよな。やっぱり筋力不足だ。
膝外側が痛くなるのは太股前側(大腿四頭筋)が弱いせいらしいので、地道にスクワットするしかないかな。
  

*  DCM ボディサポート スパッツ  780円  カーマ

☆ 今日のランニング
   TIME 01:21:43
   DIST. 12.8km
   6’23”/km

  

2011年12月 2日 (金)

スイーツマラソン?

ハムストリングスに痛みを感じてから、大事をとって走るのを控えていたが、普通に動くかぎりでは痛みはまったく感じないし、夜帰ったら雨も上がっていたので、1週間ぶりのランニング。

途中痛みが出そうな感じがしたときもあったが、予定の8km超を走っても大丈夫だった。
安城シティマラソンまであと1週間、なんとか間に合いそうなのでホッとしている。

そういえば、今日しのっちさんから1月のイベントでスイーツマラソンのお誘いメールがあった。
ネットで見たらちょっと変わってて面白そうだし、美味しそう?
アクトスリレーマラソンのようにみんなで襷を繋いでで走るのも楽しいと思うのだが・・・参加費1人4,000円って。
しかも、5kmも10kmもハーフもリレー(2人~10人)も同じ。
リレーは1周3kmのコースを14週だから、10人で出たとしたら1人せいぜい2周で6km。
それで4,000円って、コストパフォーマンス低すぎじゃん。
だったらハーフに出るほうがお得じゃん。
制限時間3時間あるし、途中で走れなくなっても3km歩けば戻ってこれるし、おいしいスイーツが食べられるというエイドステーションに何度も寄れるし。
ただ、5kmコースを2周走る10kmの部が、コース的にも実力的にも良い気がする。
うーむ、どうしよう。
  

☆ 今日のランニング
   TIME 00:47:00
   DIST. 8.6km
   5’27”/km

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

JogNote

無料ブログはココログ