« 暴飲暴食のツケは返せたか? | トップページ | またまた台風上陸! »

2011年9月19日 (月)

『空中ブランコ』

『空中ブランコ』 奥田 英朗

先日読んだ 『イン・ザ・プール』 の続編、といっても短編集なのでつながりは無いが、精神科医 伊良部一郎 シリーズ 第二弾といったところか。

Photo
『空中ブランコ』 奥田 英朗 著 文春文庫

今回の患者たちは、ちょっと変わった職業の人ばかり。
サーカスの曲芸師・ヤクザ・精神科医(患者が精神科医なのだ)・プロ野球選手・作家。
主人公の精神科医 伊良部の傍若無人さは前作以上。患者たちは彼に呆れながらも何故だかついつい通ってしまう。
そして何かがきっかけで、回復する兆しをつかむところで話は終わる。
とても面白いのだが、読んでいるうちにちょっと飽きが来る感は否めない。
直木賞受賞作らしいが、僕は前作のが好きだな。

« 暴飲暴食のツケは返せたか? | トップページ | またまた台風上陸! »

Books」カテゴリの記事

コメント

また、古い作品ですな~。

私は奥田作品では『最悪』、『邪魔』の方が伊良部シリーズより好きです。

ところで『1Q84』と『夏への扉』は読了しましたか?

仏教者さん・・・
奥田 英朗さんはごく最近知りました。
伊良部シリーズが読みやすそうだったので、そこから入りましたが、飽きてきました。(今 第3弾を読んでます)

『夏への扉』は1年近くかかって読み終えましたが、『1Q84』はBOOK 1の途中で止まったままです^^;
つまらなくて止まっているわけではないので、今読んでいる本が終わったら読むつもりです。
『最悪』、『邪魔』はそのあと、気が向いたら読んでみますね^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暴飲暴食のツケは返せたか? | トップページ | またまた台風上陸! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

JogNote

無料ブログはココログ