« 魚沼(うおぬま) | トップページ | もう無理しない »

2010年12月23日 (木)

松はどこだ?

昨日、仕事で幡豆町のお客様のところへ行った帰り道、道路脇に 『からすてんぐの松』 この先60m という案内表示を見つけました。
なんとなく気になり、坂を上っていくと、大きな木に隠れるように小さな社(やしろ)が。

201012221

『からすてんぐの松』 と書かれた看板はあるものの、松はどこにも見当たらない・・・
社の前の大木はどう見ても松ではないし。

201012222_3

201012227

と、折りよく社の裏手から降りてきた老人に尋ねた所、

「からすてんぐの松なら、ほら、お前さんのすぐ後ろにたっとるじゃろ。
む、お前さんには見えんかの? はて、この松は心の汚れた者には見えんと言うが。」

はっとして、老人の顔を見ると、ニッと笑うや、いつの間に手にしたか、大きな葉を振るやいなや足元の落ち葉が舞い上がり、ふぁっふぁっふぁっ と甲高い笑い声を残してつむじ風と共に老人の姿は消えた・・・

などということがあるわけはなく、

おじいさんは、ちょっと困ったようにはにかんだ笑顔で、

「ここを見に来た人によく聞かれるんだけど、松はもうないよ。
虫にやられて、切り倒した。松からとった板は、向こうの山にある神社を建てるときに使ったそうだよ。
その切り株が、ほらそこ。」

201012226

えっー、でも看板は新しいですよね?

「その看板が立てられたのは2年くらい前かな。町が地方に残る民話を集めた時に。」

じゃぁ、その松は切られてからかなり経つんですか?

「わしが子供の頃にあったのは覚えとるけど・・・
40年か50年くらい前かな。」

そんなぁ、こんな看板があったら松があると思うじゃないですかぁ。
無いなら無いで、説明がないと、みんな探して困りますよぉ。

「そうだな、切り株のあとに2代目の松を植えとかんといかんかったなぁ(笑)」

それもなんだかなぁ、です。

まぁ確かにこの斜面、振り返ると三河湾を見下ろせる、からすてんぐも羽根休めに停まりたくなるんじゃないかと思えるような場所ですけどね。

201012225

« 魚沼(うおぬま) | トップページ | もう無理しない »

Days」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 魚沼(うおぬま) | トップページ | もう無理しない »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

JogNote

無料ブログはココログ