フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Mail

楽天

« ランニングコース探しポタ | トップページ | 今日は短く »

2010年10月12日 (火)

暗い夜道も怖くない!〈ナイトラン用ライト〉

懸案のナイトランのときの照明(ライト)対策ですが、Amazonでとてもよいものを見つけました。

GENTOS デルタピーク143H というLEDのヘッドライトです。

主な仕様は

  • 明るさ 最大125ルーメン
  • 使用電池 単4形アルカリ電池×3
  • 電池寿命 メインLED 実用点灯(100%) 8時間、実用点灯(10%) 80時間、サブLED 連続点灯 40時間
  • フォーカスコントロール機能(照射範囲調節30°~60°)
  • スムースディマーコントロール機能(光量を100%~10%まで無段階に調節)
  • 非接触センサースイッチモード搭載(手をかざすだけで点灯-消灯 の操作が出来る)

これで2,413円は本当にお買い得だと思います。

本体の色はつや消し黒

付属品:…ヘッドバンド・ヘルメットホルダー・フリース地のオリジナルポーチ・テスト用電池

Delta_peak_5  

これをリサイクルショップで見つけたベルトに付けて、腰に巻くようにし、後ろにはダイソーで買った反射テープを貼りました。ついでに赤いパカパカもぶら下げれば恐いもの無し?

・自作のナイトランベルト

Delta_peak2_6   

明るさはいろいろ調整できますが、実際に走る時にはサブLEDで充分だと思います。

トレーニングとしてのナイトランだけでなく、競技としてのウルトラマラソンやトレイルランニングにも使えるのではないでしょうか。

ちなみに、GENTOSは サンジェルマン というLEDライトや電卓などを作っている日本のメーカーの商標ですが、僕が自転車用ライトとして使用しているのも GENTOS 閃 SG-305 、ここの製品です。

自転車専用ライトって案外明るくないんですよね。それに比べて、SG-305 は明るさは100ルーメン。眩しすぎるほどの明るさです。

参考までに、〈 「ルーメン」とは、全光束のことで、光源(ライトそのもの)が発する光の量(光束)を計測するための光学系単位。記号は「lm」。1ルーメンは、点灯したロウソクを1メートル先に置いたときの手元の明るさが目安のひとつ (商品説明より) 〉だそうですので、100m先でも明るいってこと? スポットビームにした時には、確かにそのくらい明るいです。もちろん、照射角度は調整できます。

価格と性能、リチウムではなく単4電池(3本)というところで選びましたが、こちらも大正解でした。

305_2  自転車用と、家庭の常備品として2個買いました^^

 

 

 

 

 

 

自転車へは東急ハンズで買ったハンドルホルダーで固定しています。さっきAmazon を見ていたら、こんなもの を見つけました。値段は少し高いのですが、ハンズのものより固定しやすそうで良いかもです。

 * GENTOS(ジェントス) デルタピーク143 DPX-143H 2,413円 Amazon

    アサヒサイクル 同乗器ベルト 100円 リサイクルショップ

    反射テープ 粘着タイプ 105円 ダイソー

 * GENTOS 閃 SG-305 2,933円 Amazon(H22/10/7では 1,970円)

    なんでもハンドルホルダー AHO-01  700円 東急ハンズ 

 
追記:今は ジェントス デルタピーク 343H となって150ルーメンと、さらに明るくなっています。(:平成28年12月現在)

« ランニングコース探しポタ | トップページ | 今日は短く »

Goods」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランニングコース探しポタ | トップページ | 今日は短く »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

JogNote

無料ブログはココログ