フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Mail

楽天

« ハグハグ | トップページ | ブログ再開!? »

2010年3月29日 (月)

桜の樹の下には・・・

 

「桜の樹の下には屍体が埋まっている!」

 

そんな物騒な発想を主人公に語らせたのは、梶井基次郎の掌編 『桜の樹の下には』でした。

桜の花があんなにも見事に咲くなんてそうとしか考えられない。

だから、満開の桜の樹の一本一本の下には様々な生物の屍体が埋まっている・・・

 

うーーん、怖いですねぇ。

でも、そんな尋常ではありえないような美しさが満開の桜には感じられるのかも知れません。

今年は3月上旬に以上に暖かくなったかと思えば、中旬以降は真冬のような寒さの戻り。

それでも、そんな寒さにも冷たい雨にも臆することなく、桜は満開を迎えました。

 

私の住んでいる岡崎市には岡崎公園(菅生川)と伊賀川に桜並木があります。

岡崎公園の方が有名で、桜まつりが行なわれ、屋台もたくさん出て賑やかなのですが、純粋に桜を楽しむのであれば伊賀川の方がおすすめです。

5メートル足らずの川幅、その両側の堤防に咲き誇る桜は本当に見事です。

私は毎年この時期、仕事の合間に堤防に車を停めて、買ってきたお弁当を食べながらささやかなお花見をするのが恒例なのですが、今日も少し時間があったので行ってきました。

今日は平日ということもあるのですが、風が強くお花見に来ている人も少なく(ま、いつも少ないんですけどね)ゆっくり見れました。

しかし、桜って咲き始めるとあっという間に満開になってしまうんですよね。

今週末は家族でお花見しようと思っているので、それまでは散り始めないでほしいです。

Ca3a0452

Ca3a0455

« ハグハグ | トップページ | ブログ再開!? »

Days」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハグハグ | トップページ | ブログ再開!? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

JogNote

無料ブログはココログ